キャンプ

【キャンプ×ジェントス 】サイズ・光量・コスパと3拍子揃ったお勧めしたい小型ランタン!

ママ
ママ
皆さん、こんにちは!!

令和元年2月、ジェントスより新発売されたLEDランタン、EX-036D!!

ジェントスのランタンと言えば、コンパクトで大光量、耐久性と防水性を併せ持つランタンとして、多くのキャンパーに愛用されるランタンなんです!

既に我が家もEX-136Sという、白くて可愛くて、かな~り優秀なジェントスのランタンを持っているのですが・・・

ママ
ママ
実はエネループ電池が使えなかったの・・・😢
ママ
ママ
そこで今回購入したランタン、ジェントス EX-036Dはジェントスの中でも数少ないエネループ対応のLEDランタンなんです💕
パパ
パパ
しかも、3調色&2段階調光機能付き!!

早速、実践投入してきたのでご紹介しま~す!!




ジェントス EX-036Dの特徴をご紹介!!

出典:公式HP~

ジェントスが令和元年にリリースした新LEDランタン、EX-036Dの特徴を一挙ご紹介!

EX-036Dの特徴
  1. 3色調色機能:白色・昼白色・暖色に光の色を変更できる。
  2. 調光機能:スイッチ長押しで強~弱まで無段階に調光可能。
  3. キャンドルモード:光量がランダムに変化し、ろうそくの炎のようなゆれを再現する機能。
  4. スローライティングスイッチ:ゆっくりと明るく/暗くなり、点灯/消灯する機能。
  5. インスタントオフスイッチ:点灯後、一定時間経過後にスイッチ/ダイヤルスイッチを押すと、どのモードからでも一回の操作で消灯できる。
  6. ビルトインフック:カバー部分を外し、逆さまに吊るして使用可能。
  7. ストライプトップカバー:光のムラを最小限に抑えて、均一に照射。
  8. バッテリーインジケーター:青から赤へ、電池残量をお知らせ。

出典:公式HP~

ジェントス EX-036DとEX-136S 性能比較!

 

 

では、既に我が家に1台ある、ジェントスの人気商品、EX-136Sと性能の比較をしてみましょう!

  EX-036D EX-136S
サイズ(約) φ73×158mm φ78×141.5mm
重量(約) 400g(電池含む) 355g(電池含む)
光源 ・高輝度暖色LED×1個
・高輝度白色LED×1個
高輝度暖色LED×10個
使用電池 単3形アルカリ電池×6本
※エネループ使用可能※
単3形アルカリ電池×6本
※充電池は使用不可※
点灯時間
※強で使用し続けた場合
・暖色  39時間
・白色  18時間
・昼白色 34時間
・キャンドル 80時間
・暖色    9時間
・キャンドル 60時間
明るさ
※最大のみ
・暖色  210ルーメン
・白色  450ルーメン
・昼白色 260ルーメン

・暖色 370ルーメン
防水性 防滴仕様
(IPX4準拠)
耐塵・1m防水仕様
(IP67準拠)
耐久性 1m落下耐久 2m落下耐久
付属品 ・ハンガーフック
・テスト用電池 6本
・テスト用電池 6本

比較のまとめ
  1. 一般的な350mlの缶ビールに近いサイズ感は、どちらも互角の勝負!
  2. 重量も50gの違いなので殆ど変わりません!
  3. 暖色系LEDの明るさは、10個のLEDチップ搭載しているEX-136Sに軍配!
  4. エネループが使用できるEX-036Dはランニングコストで優位!
  5. 最大モードでの連続使用時間は圧倒的にEX-036D!!
  6. 水中に浸けても安心のEX-136S!でも、多少の雨に濡れる程度ならEX-036Dでも大丈夫!
  7. 2mから落下しても壊れないEX-136S!でも、1mまでならEX-036Dでも大丈夫だぞ!!

暖色系の明るさを求めるならEX-136S連続使用時間&ランニングコストを重視するならEX-036Dといった選び方が理想ですね💕

ランニングコストを抑えるための充電池はコチラから

EX-036Dを実際に使ってみた感想

左がEX036D、右がEX-136S。

EX-136S
EX-036D

実際にキャンプに持って行って暖色で使うと、数字が表す通りEX-136Sの方が明るく見えます。

我が家では、ホワイトガソリンランタンがメインランタンで、EX-136SとEX036Dはどちらもサブランタンとなります。

これまで薄暗い感じのサイトだった我が家は、この3台体制にしてからのテントサイトは明るくてちょっとオシャレな感じのテントサイトに大変身しちゃった感じになりました!

EX-036Dのお勧めする使い方は逆さ吊り!!

我が家がお勧めするEX-036Dの使い方は、ビルトインフックで逆さまにして使う方法!!

少し高い所に吊るしてみると、周囲を明るく照らし出してくれます。

上向き使用だと周囲がボンヤリしますが・・・
下向きで使うとこんなにも周囲が明るくなります!

 

特に食卓周辺に吊るすと、優しい光がテーブル周辺を照らしてくれます💕

※写真はEX-136Sでの逆さ吊り下写真です・・・💦💦

また、テントの中ではEX-136SとEX-036Dの、明るさの違いなど分かりません。💕

テントの中を明るくするには、どちらも申し分のない明るさです💕

これからは白くて可愛いEX-136Sをリビングに、白色や昼白色、暖色と切り替えができて無段階調光ができるEX-036Dをインナーテント内で使おうと思います!!

まとめ

これまであまり目を向けてこなかったランタン。

パパ
パパ
自然の中で不自然な光は必要ない!!

でも最近のLEDランタンは自然な発色で、ガスランタンのような穏やかな暖色を感じることができるようになってきたせいか、パパさんも結構前向きにLEDランタンを日々物色してきました(笑)

そんな中、我が家が選んだジェントスのLEDランタン EX-136SとEX-036Dは、明るさは勿論のこと、コンパクトで軽量、暖かいサイトを演出してくれる暖色の光がとってもお気に入り💕

出典:公式HP~

いよいよ牡蠣キャンプの時期が近づいてきたので、冬キャンプの準備もしていかなくては・・・(笑)

ママ
ママ
今日も最後までお読みいただき(人”▽`)ありがとう☆ございました!!