キャンプ

【キャンプ×ポータブル電源】モデルチェンジしたPowerArQ2の開封レビュー!パワーアップしたスペックも徹底解説!!

ママ
ママ
皆さん、こんにちは!

記録的な暖冬となりそうな予感がする冬ですね。

何だかんだいって、1月も中旬ごろになったら冷え込むだろうと想像していたんですが・・・

ママ
ママ
まだ暖かい・・・

冬はもっぱらウインタースポーツを楽しむ我が家でしたが、今年はさすがに断念して・・・

ママ
ママ
キャンプに行こう!!

と、何となくそんな雰囲気に・・・(笑)

でも、電源付きサイトで冬季営業しているキャンプ場は数に限りがあるし、今年は暖かいせいか、週末は予約でイッパイのキャンプ場が多く・・・

ママ
ママ
だったら、ポータブル電源を買っちゃって、いつでもどこでもキャンプや車中泊に行けるようにする?!もちろん、万が一の災害時にはスマートフォンの充電ができたり何かと役にたつだろうし・・・

そんなノリで、高価なポータブル電源を購入しちゃいました。

パパ
パパ
単にキャンプ用で欲しかったんでしょ??

と、パパさんにも突っ込まれました。

でも実は私、1番役に立つのは万が一の災害時ではないかな?って、感じているんですけどね(笑)



全国でホームセンターを展開するDCMホールディングス株式会社が、実際に被災した方100名の意識調査をしたアンケート、「2018年自然災害被災者に聞いた、防災についてのアンケート」内の災害時に必要な備えについて、次のような調査結果を得ています。

発災後の3日間で「あってよかったもの」「なくて困ったもの」、災害を経験し「これは絶対用意すべきと感じたもの」は何か尋ねたところ(複数回答可)、「モバイルバッテリー」84%、次いで「水」「電池」51%「ランタン」47%、「保存食」44%という結果になりました。

2018年自然災害被災者に聞いた、防災についてのアンケートより抜粋

次女
次女
つまり被災した時に必要なのは『電気』なんだね!?

今や生活に無くてはならない存在となった『電気』。

そんな電気を、屋外に持って出れる画期的な大容量なポータブル電源『SmartTap PowerArQ2』を購入したので、開封レビューと商品の特徴を徹底的に解説します!

 




SmartTap PowerArQ2

【写真多め】商品到着レビュー!!

①注文から2日後に届いたけど・・・箱デカっ!!
②開封すると・・・
③電磁波シールド用の袋に入っていました!
④その袋を破って開けるとまた箱が・・・
⑤こちらこそ宜しくお願いします!
⑥なかなか商品が出てきません(笑)
⑦かなりしっかりと梱包されています!
⑧上部には小さい箱
⑨付属品がまとめて入っていました♪
⑩更に緩衝材を取ると・・・
⑪やっと姿が見えました!!
⑫乾燥剤と一緒にまた袋に入れられています
⑬やっと箱から出てきました(笑)
⑭底面には滑り止め加工された足が付いています!
ママ
ママ
インターネットで見ていた通りの色目で、ひとまず安心♪♪
3女
3女
可愛いぃ~!!
ママ
ママ
いかにも女子が好きそうな色目とデザインです(笑)

 

製品名 PowerArQ 2
商品サイズ 巾29.6×奥行19.1×高19.5cm
重量 6.2kg
バッテリー容量 500Wh
フル充電時間 約6~7時間
充電可能温度 0-40℃
使用可能温度 0-40℃
保管可能温度 0-40℃
使用可能湿度 10-90%
防水・防塵性能 IP20

パパ
パパ
一つだけ気になるのは『使用可能温度域』かな・・・

真冬のキャンプで使えるんだろうか・・・?

購入された方のブログを見ていると、低温域でも効率良く使えているようなレビューが多いんだけれど・・・

ママ
ママ
早くキャンプに行って使ってみよう!!

最近のキャンプブームに後押しされている面と、地震・台風などの自然災害によるライフラインの情報確保という防災意識の高まりで、高評価を得ているSmartTap PowerArQ2。

アウトドア系の雑誌などでも、かなり掲載されているんです!

SmartTap PowerArQ2のサイズ感

高さはこんな感じのサイズ感♪

左のコンテンツはここに入力

横幅はこんな感じ♪♪

中央のコンテンツはここに入力

奥行きもこんな感じ♪♪♪

右のコンテンツはここに入力

350mlの缶ビールと比較してみると、高さで約1本半。幅方向で4本程度。奥行きで約2本程度の大きさってところでしょうか。

長女
長女
なんで缶ビールなんだろう・・・??
ママ
ママ
・・・・

SmartTap PowerArQ2 重量感

全く重いと感じません!!

左のコンテンツはここに入力

一応量ってみました(笑)

右のコンテンツはここに入力

決して大柄ではなく、むしろ小柄な体形(自己認識)ですが、カタログに表記されている『6.2kg』を感じることができないくらい、想像以上に軽いです。

これなら、キャンプや車中泊はもちろん、いざという時に持って出る時にも、無理なく持って出れますね。

 

実際にスマホを充電してみた

先ずは本体への充電開始。

写真

ACアダプターを本体に差し込んで、コンセントを差し込んだら完了。

何のボタンを押さなくても勝手に充電が始まりました。

液晶の写真

これが『オートチャージ』という機能ですね。

19年12月にモデルチェンジしたPowerArQ2は、コンセントが2つになりました。

今回、PowerArQ2を購入したので、これまでホットカーペットだった我が家ですが、電気式毛布を2つ購入しました。

冬場の家電はその電気式毛布が2つだけなので、タコ足配線を用意する必要がなくとても便利。

電気式毛布を実際にキャンプで使った記事はコチラでアップしますね

※現在未リンクですが、ただいま記事を一生懸命作成中ですので、もう暫くお待ちくだされ~い!

果たして、暖冬とは言え、寒空の下で使ってみてどうだったんでしょうね?!

今回は家の中なので、取り敢えずスマホを充電してみました。

私の携帯はアンドロイドのmicro USB Type-Bなので、Type-AのUSBポートからの出力となります。

現在主流の、一般的なスマホの充電ポートです。

パパさんの携帯はType-C。

19年12月にモデルチェンジしたPowerArQ2には、Type-Cのポートが新設されました。

20年1月時点でType-Cポートになっているスマホは、sonyのXepraシリーズや、Galaxyの大人気Sシリーズ、それにGoogle謹製のスマホ、「Google Pixel 3」などが代表例です。

PowerArQ2にはそのType-C to Cのケーブルが付属してるのでわざわざ買い足さなくていいのでとても便利。無駄な電力の変換ロスなく高速充電が可能ですね♪

USB Type-A to micro USB Type-B

左のコンテンツはここに入力

USB Type-C to Type-C

右のコンテンツはここに入力

ママ
ママ
残量は変わりません(笑)

携帯用のポータブル電源とはスケールが違いますね♪

それでも、今回は家の中でスマホを充電しましたが、寒い屋外だと外気温の影響を受けるのではないかと考えます。

ママ
ママ
早くキャンプに行きた~い!!

嬉しい充実のサポートと安心感

私達は「購入するまで」がお付き合いではなく「購入してから」がお付き合いの始まりと考えます。

これは公式HPでSmartTap PowerArQ2のサポート体制を謳う文言です。

箱にも記載されていたのにはちょっとビックリしたけど、それだけ商品に対しての思い入れが伝わってきます。

無期限のカスタマーサポートや、商品到着後60日間返品・交換保証、2年間のメーカー製品保証といったアフターフォロー体制は、製品そのものに自信があるからこそのサービスといえるのかもしれません。

  • 無期限のカスタマーサポート
  • 商品到着後60日間返品・交換保証
  • 2年間のメーカー製品保証
無期限のカスタマーサポート
商品到着後60日間返品・交換保証
2年間のメーカー製品保証

ハードとソフトの両面から製品を販売しているのが感じられるので、製品の販売が伸びるのが頷けます(笑)

SmartTap PowerArQとPowerArQ2を比較してみた

旧商品が発売されてから、これまで楽天ランキングなどで堂々の1位を獲得するなど快進撃をしてきたSmartTap PowerArQでしたが、2019年12月、後継機となるSmartTap PowerArQ2をニューリリースしました。

旧モデルと比較するとこんな感じ☟

  PowerArQ2 PowerArQ PowerArQmini
電力容量 500Wh 626Wh 311Wh
充電時間 ~7時間 ~10時間 ~8時間
MPPT方式 有り 無し 無し
AC出力ポート数 2口 1口 1口
AC出力周波数

50Hz/60Hz 60Hz 60Hz
AC通常出力電力(W) 300W 300W 200W
USB Type-A 4口 3口 2口
USB Type-C 1口 無し 無し
ワイヤレス充電 1口 無し 無し
LEDライト 520ルーメン 120ルーメン 無し

公式HPでは難しい事ばかり書いてあってよく分からないけど、要約するとこんな感じかな?

SmartTap PowerArQの変更点
  1. 容量が626Wh➡500whに小さくなった
    (容量を少なくすることで価格を引き仕下げ、より多くの方に使ってもらいたい!)
  2. 持ち手の形状変更などで、サイズ感も一回り小さくなって荷物の積み込みが便利になった!
  3. 残量を知らせるディスプレイがカラー表示になり、視認性&高級感アップになった!
  4. コンセント口が2つになった!
  5. USB Type-Aの差し込みが4つになった!
  6. USB Type-Cの差し込みが新設された!
  7. ワイヤレス充電機能が追加になった!
  8. LEDライトが大光量になった!

SmartTap PowerArQ
SmartTap PowerArQ2

そんなところでしょうか(笑)

SmartTap PowerArQ2 500Whってどれくらいの容量なの?

グレードアップせず、逆にスケールダウンした電力容量。

これまで販売してきた626whは、容量が多過ぎたというリサーチ結果かな?

消費者
消費者
626whも必要ないから価格を引き下げてぇ~!

メーカーの本意は不明ですが、ひょっとすると、そんな消費者の声を反映させた結果といえるスケールダウンかもしれません。

500Wh(ワットアワー)とは、1時間に動作させることができる電気の量のことを指しています。

少し具体的にいうと500W(ワット)の消費電力機器を、1時間動作させることができる容量。

次女
次女
100W(ワット)の家電だと、5時間使えるよ。

ということです。

我が家が冬キャンプで使いたい(使いたかった)家電はホットカーペット。

ホットカーペットの消費電力はかなり多く、メーカーやサイズによって多少違いますが、3畳用のホットカーペットで700W前後。

ママ
ママ
ん?無理じゃね??

500Wの容量に対して700Wの電気カーペット。1時間も使えません(笑)

そもそも最大出力が300Wなので、まず無理です。

ということで、電気式毛布に買い換えました。

 

これなら『強』設定でも50Wh。

湯たんぽを使ったり、敷マットを工夫して使うので、『中』設定を想定すると25W程度なので、1枚だけなら500Wh÷25Whで20時間

我が家は電気式毛布が2枚必要なので、500Wh÷50Whで約10時間は使える計算です。

電気式毛布を実際にキャンプで使った記事はコチラでアップしますね☟

※現在未リンクですが、ただいま記事を一生懸命作成中ですので、もう暫くお待ちくだされ~い!

ママ
ママ
夏キャンプでは、更に威力を発揮してくれそうな予感・・・!

今まで我が家では、コールマンのCPX6 テントファンLEDライト付を使用していました。

扇風機の羽がEVAフォームで柔らかく、子ども達が小さかった時は安心して使えていたんだけど・・・

ママ
ママ
強風設定でも、風量が弱くて暑かったんです・・・💦💦💦

でも、SmartTap PowerArQ2があれば、自宅で使っているサーキュレーターを持って行けるので、大きいツールームテント内でも空気を循環させることができ、涼しく過ごせることができそうです!

例えば、我が家が使っているこんなサーキューレーター

 

最大(風量最大・首ふりあり運転時)でも14Whと低消費電力なので、35時間サーキュレーターを付けっ放しにできる計算になります

500wh÷14w=約35時間

14時にキャンプ場にチェックインして直ぐに扇風機を付けたとして、翌日の撤収時まで扇風機を付けっ放しにできる計算です。

実際には、そんなにサーキュレーターを付けっ放しにすることはないだろうから、1泊2日のキャンプでは十分だということがわかります。

SmartTap PowerArQ2 移動が楽々!よりコンパクトで可愛いデザインに変更

従来機種は天面部分に『取っ手』が付いていました。

友人
友人
持ち運ぶときは便利なんだけれど、車のトランクに積み込むときは取っ手が邪魔で、積載効率が悪いよ・・・

でも、今回リリースされたSmartTap PowerArQ2は、天面に収納できる取っ手に変更したので、その分コンパクトな設計が可能になりました♪

SmartTap PowerArQ
SmartTap PowerArQ2

SmartTap PowerArQ2 視認性&高級感がアップしたカラーディスプレイ

ディスプレイ表示がカラーになったSmartTap PowerArQ2は、パッと見ただけでも電気の残量が視覚的に判別できるようになりました。

ママ
ママ
カラーディスプレイになったことで、全体的な雰囲気に高級感がプラスされた気がするのは私だけかな?!

SmartTap PowerArQ2 コンセント口が2つ USB Type-Aの差し込みが4つに増設

今や、普段の生活でなくてはならなくなった家電製品。

それはキャンプでも例外ではなく、電気式毛布に扇風機、携帯電話にタブレット、充電式ランタンや充電池。

充電する家電やガジェットによって差込口が違うため、色んなタイプの差込ポートを用意してあります。

ママ
ママ
夫婦の携帯電話だけでもUSBポートが2つ必要ですもんね!
パパ
パパ
僕の携帯電話は今回新設されたType-Cだから、助かったよ!(笑)

SmartTap PowerArQ2 ワイヤレス充電にも対応!ガジェットベンチャーの心意気!

さすがにスマートフォンガジェットを取り扱うベンチャーブランドがリリースした新商品ですね。

ポータブル電源では類をみない、ガジェットのワイヤレス充電機能をSmartTap  PowerArQ2で搭載してきました(笑)

残念ながら、私たち夫婦の携帯電話やタブレットは、どちらもワイヤレス充電機能が付いていないので使用感をレビューすることができません。

ワイヤレス充電を搭載した携帯電話を持つ姉に聞いた話では、かなり『楽チン』だそうですよ!

私たち夫婦も、今後買い替えなどでワイヤレス機能が付いた機種に買い替えることもあるかもしれませんので、ここのレビューはその時までお預けですね(笑)

SmartTap PowerArQ2 LEDライトがスケールアップ!

 

従来のLEDライトは120ルーメンでしたが、今回リリースされたSmartTap PowerArQ2のLEDライトは520ルーメン。

大幅な光量アップと言えますが、それもそのはず。

冒頭で述べたように、実際に被災された方の多くが、ポータブル電源とランタンを必要と感じていたのですから!

 

懐中電灯などで使う電池も、充電式の乾電池であれば、SmartTap PowerArQ2で繰り返し充電して使うことができますね。

 

まとめ

如何でしたか?!

キャンプや車中泊で使うのも良いけれど、万が一も備えとして必要となるSmartTap PowerArQ2の紹介でした。

今回は購入に至るまでの考察(?)をつぶやきつつ、うんちくを綴りました。

次回は購入したSmartTap PowerArQ2を実際に自分で使ってみた感想を発信したい考えています💕

では、今日はこの辺で失礼します!

ママ
ママ
いつも最後までお読みいただいて、本当にありがとうございます!!