キャンプ

【キャンプ×ベアボーンズリビング】あの超人気商品 エジソン ペンダントライトLED&エジソンストリングライトLEDってメインランタンとして使えるの??それぞれの違いやサイズ感・明るさなどを実際に購入して確認してみた!

ママ
ママ
皆さん、こんにちは♪

いよいよ春本番、本格的なキャンプシーズンに突入してきましたね!!?

春先からの新型コロナウィルス騒動で、イマイチ盛り上がりに欠けているのかと思いきや、逆にキャンプ場は大盛況らしいですよ!!

特に、テントの設営スペースが独立しているオートサイトは、家族だけでキャンプが楽しめるので人気。

そうは言えども、キャンプ場には、他のキャンパーさんと共用で使用する炊事場やトイレがありますので、くれぐれも手洗いと消毒は欠かさずに・・・・!

さて、そう言いつつも今回は、騒がしい世の中の流れの中、またやってくるだろうのどかなキャンプライフを心から信じ、のん気にキャンプギヤを物色していた私(笑)

ママ
ママ
今年はポータブル電源を購入したこともあって、色んなキャンプ場に行きたい!!

と、勝手に意気込んでいましたが、現在、我が家が抱えている悩みの種は、LEDランタン。

キャンプを始めた当初は小さい車だったので、荷物を極限まで少なく、そしてコンパクトにしないと荷物を積み込みきれませんでした。

だから、ランタンもジェントスの小型のLEDランタンを購入。

コンパクトで大光量なジェントスの電池式LEDライトを2つ。

とっても明るくて使い易いランタンたちでした♪(既に過去形・・・?)

 

 

ママ
ママ
電池を購入するより、充電池の方が安くつくのかな??

と思い、パナソニックのエネループを購入したのはいいけれど、もちろんキャンプに行く前に充電する必要がありますよね。

1つのLEDランタンで単3の充電池が6本必要なので、LEDランタン2つ分となると単3の充電池が合計で12本必要。

1つの充電器で4本充電できるので、3回充電する必要があります。

ママ
ママ
単3の充電池を12本も充電するとなると、これが結構大変で・・・

こんな物もあるようですが・・・

ママ
ママ
ハッキリ言って面倒臭いんです・・・

普段は子供たちがゲームのコントローラーで使っているの単3の充電池。

キャンプに持って出る時は結構充電が消耗していて、充電時間も意外と長いんです。

ある時は、出発の時間までに全部の電池を充電することが出来ず、キャンプ場近くで電池を購入する羽目に・・・

パパ
パパ
キャンプ道具を可能な限りコンパクトにするぞォ!!

と、購入した小型LEDランタンなんですが、電池のことまで頭が回らなかったですね・・・💦

そこで今回、それを踏まえた上で購入したのは、噂のベアボーンズリビング エジソン ペンダントライトLEDとエジソンストリングライトLED

 

 

ベアボーンズリビング エジソンペンダントライトLEDとエジソンストリングライトLEDは、ポータブル電源やモバイルバッテリーから直接電気を供給しながら使用する給電式のLEDライトです。

キャンプに行く前夜、充電池を充電する手間から解放してくれます。

ママ
ママ
もちろん、ポータブル電源やモバイルバッテリーに充電することを忘れたら一貫の終わりですけどね(笑)
パパ
パパ
いつ必要になるか分からない『防災』という観点から、キャンプから帰ったら必ず直ぐにポータブル電源に給電しています!

ベアボーンズリビングのエジソンペンダントライトLEDとエジソンストリングライトLEDはとても人気がある商品で、発売当初から売り切れが続出した商品。

最近はライティングでお洒落に魅せるテントが流行っているので、気になっている方も多いと思います。

コールマンの大型のツールームテント、4Sワイド2ルームコクーン3のテントの中で使ってみたので、コードの長さやサイズ感、明るさなどをお伝えしていきたいと思います。

4Sワイド2ルームコクーン3なら、テント上部にランタン用リングとインナーテント用のリングが上部に付いているので、とっても使い易かったですよ!!

 




ベアボーンズリビング エジソン ストリングライトLEDとエジソン ペンダントライトLEDの違いについて

エジソンペンダントライトLED エジソンストリングライトLED
価格
(2020年4月現在)
4,180円(税込) 8,580円 (税込)
シェードサイズ(約) 直径10.5×高さ8.5cm 直径10.5×高さ8.5cm
電源ケーブル長(約) 3m 3m
重量(約) 500g
素材 本体:鋼鉄
ホヤ:ガラス
本体:鋼鉄
ホヤ:ガラス
明るさ(商品電力)/点灯時間※ Low(0.4W):
35ルーメン/12時間
High(1.6W):
100ルーメン/7時間
Low(0.4W):
40ルーメン/7時間
High(1.6W):
250ルーメン/2.5時間
カラーバリエーション ・アンティークブロンズ
・レッド
・カッパー
・アンティークブロンズ
・レッド
・カッパー
防水性 IPX4 IPX4
色/調光 ・暖色系
・Low/Highの2段階調光
・暖色系
・Low/Highの2段階調光
連結 最長5つまで連結可能 最長2つまで連結可能
付属品 ・吊り下げ用カラビナ
・結束用ストラップ
・吊り下げ用カラビナ
・結束用ストラップ

※連続使用時間はベアボーンズリビングのポータブルチャージャー(4400mAh)を使用した場合の数値となります。

最初は、2つの違いが名前からは分かり難かったけど、書き出してみてやっとわかりました♪

どちらも2019年に新発売となった吊り下げ型LEDライトですが、要するに単発品と3連式の違いですね(笑)

エジソン ペンダントライトLEDとは? ⇒ 1灯式の給電型LEDライト

エジソン ストリングライトLEDとは? ⇒ 3連灯式の給電型LEDライト

どちらも充電式ではなく、USBコネクタからダイレクトに給電しながら使用する給電タイプです。だから、使用する時には必ずポータブル電源が必要です!

また、こうして表で比べてみると、スペック上で微妙な差があるのが見てとれます。

価格差(2020年4月現在の公式HP価格)

ペンダントライトは1つで4,180円(税込)なのに対して、3連灯のストリングライトは8,580円 (税込)。

1灯式であるペンダントライトを3つ購入したら12,540円と高額ですが、最初から3つ繋がっている3連灯のストリングライトなら8,580円(税込)で購入できるので、かなりのお得感♪

3つライトが欲しいなぁ~!と、言う場合・・・

 

を3つ購入すると=12,540円ですが、

 

は最初から3連灯で8,580円なので3,960円もお得

明るさ

ペンダントライトLEDは、1灯で100ルーメンの明るさ(Highの場合)ですが、3連灯のストリングライトLEDは、3灯の合計で250ルーメン(Highの場合)となります。

つまり、3連灯のストリングライトLEDを1灯分に換算すると、80ルーメン

ママ
ママ
約20%ほど、ストリングライトLEDの方の光量が劣ることになりすね。

とは言っても、20%という数字はどの程度なのか、分かりずらいですね💦

なので今回、1灯式のエジソン ペンダントライトLEDと3連灯のエジソン ストリングライトLEDの両方を購入して明るさを比較してみました(笑)

1灯式のエジソン ペンダントLEDライト

周りの環境が明るくて、明るさの具合が伝わりにくいかもしれませんが、外から見た感じだとほとんど程度の差は感じられません。

ですが、実際テントの中に入ってみると、1灯式のペンダントライトLEDが1つだけでも十分明るく、3連灯のストリングライトLEDであれば、設置する位置が3ヶ所に分散されるので、テント内を全体的に明るく照らし出してくれます。

光量が20%劣るという数字的な光量差は、ほとんど気になりませんでした。

とは言っても、これまで圧倒的な明るさのジェントス製品を使っていた我が家としては、最初のころは少し薄暗くも感じました。

※小さい子供さんがいてらっしゃるファミリーキャンパーさんだと、薄暗く感じる方がいるかもしれません!

私は3回目のキャンプの時に、そのうす暗さにも慣れてムードを楽しむことができました(笑)

1灯式のエジソン ペンダントLEDライト
3連灯のエジソン ストリングライトLEDライト

電池交換の手間を気にしない方や、明るさを重視したい方はジェントス製品という選択肢だと思います。

今回の我が家のように見た目のおしゃれ感や、乾電池や充電池の取り換え手間から脱却したい方で且つ、ポータブル電源をお持ちの方(または購入する予定の方)は、ベアーボーンズリビングの選択肢もありですね♪

  • 電池交換の手間を気にしない方テント内の明るさを求める方トイレに行く時などにランタンを持ち運びたい方などは、ジェントスの小型LEDランタンという選択肢。
  • とにかくテント内をお洒落にしたい方少し薄暗くムード感あるサイトにしたい方他にも手持ち小型ランタンがあるから夜の移動に困らない方ポータブル電源がある方などはベアボーンズリビングの選択肢も十分アリ!!

公式HP上で連続使用時間の目安とされる、容量が少なめのベアボーンズリビングのポータブルチャージャー(4400mAh)はコチラ

 

 

ママ
ママ
ペンダントライトLEDはともかく、3連灯のストリングライトLEDのhighモードで使用する場合、4400mAhでは2.5時間しか点灯しないのでチョット役不足・・・?!

ストリングライトLEDの購入をお考えの方は、もっと容量の多い10,000mlポータブル電源がお勧めです。

Amazonで3,000円程度で購入することができます

さらに、冬場の電気毛布や夏場のサーキュレーターなど、他にもコンセント付き電化製品を使う予定のある方は、こんな大容量のポータブル電源もあります♪

コンセントも使える巨大モバイルバッテリー【ポータブル電源 PowerArQ】


今回、ジェントスの小型LEDランタンから、ベアボーンズリビングのペンダントライトLED&ストリングライトLEDに替えた我が家ですが、見た目はもちろん、テント内の明るさも十分満足できる商品だったので、とってもお気に入り♪

※並行輸入品だと少し安く購入できるみたいですが、説明書が英語表記で保障体制がはっきり分からないそうです!並行輸入品を購入する場合は、その点を踏まえた上で購入しましょう。

4Sワイド2ルームコクーン3でベアボーンズリビング エジソン ペンダントライトLEDとエジソンストリングライトLEDを使ってみた感想

我が家のテントは、2020年1月に新発売されたコールマンの4Sワイド2ルームコクーン3。

その4Sワイド2ルームコクーン3は、別売りのインナーテントを2つ同時に吊るせるところが特徴的なテント

画像参照:コールマン公式HP

つまり、インナーテントを吊るすためのリングが、最初から天井に付いているので、そのリングにストリングライトを吊るすことができます。

ママ
ママ
ストリングライトを吊り下げる為に、デイジーチェーンなどを別に購入して用意する必要がありません♪

エジソン ペンダントライトLEDの場合

エジソン ペンダントライトLEDは、給電用のUSBコネクタまで約3mあります。

この給電用USBコネクタの配線部分に結束用ストラップが付属しているので、ポータブル電源の場所や種類によって調整することができます。

スイッチでhigh&lowの切り替えと、ON・OFFの操作ができます。

真ん中がOFF、=側に押すとhigh、-側に押すとlowとなります。

※連結して使用する場合、給電用のポータブルに接続しているスイッチの光量が適用されますのでご注意を!

例)1
ポータブル電源⇒low設定 × high設定の場合

明るさは2つともlowとなります。

 

例)2

ポータブル電源⇒high設定 × low設定の場合

明るさは全てhighとなります。

つまり、連結して使用する場合、スイッチが独立しない為、ポータブル電源に一番近いライトの光量と同じ明るさが適用されます。

 

我が家はインナーテントの中でペンダントライトLEDを使用しています。

インナーテントの吊り下げ用リングに引っ掛けて天井のベンチレーションからテントの中に引き込み

 

テントの中で配線をカラビナで固定しながら這わせ
配線用小窓から外に出し

 

ポータブル電源に接続

 

給電用USBコネクタと反対側には、他の照明と連結可能にする接続用のUSBコネクタが付帯されています。

同じペンダントライトLED同士であれば、最大5つまで同時に接続することが可能。

我が家の場合は、エジソンストリングライトLEDを1つ、接続しています。

ペンダントライトの吊り下げる部分にはカラビナが付属していますが、そのカラビナからライトまでの長さは約○○cm。

写真

ママ
ママ
リビング部分で使う場合は、頭を打ちそう・・・💦

コールマンの大型テント、4Sワイド2ルームコクーン3のインナーテント用リングにカラビナで吊り下げた場合、一番高い場所でも地上から約165cmぐらいの位置にエジソンライトがきます。

 

ママ
ママ
身長が165cm以上の人であれば、間違いなく頭をぶつけます。

我が家では、天井に近い、高い位置でエジソンライトを固定したかったので、100均で購入してきたクリップとカラビナとを留め、クリップで挟む長さで高さ調整しました。

100均のクリップ

製品写真

好きな位置で結束して高さ調整♪

これなら、頭をぶつける心配がグッと減りそうですね(笑)

エジソンストリングライトLED

エジソンストリングライトLEDの給電用コード長も3mあります。

かなり長いので、モバイルバッテリーやポータブル電源への接続処理に気を付けたいところです。

ママ
ママ
ダラ~ンとぶら下げていたら見た目が悪くなってしまいます。。。

3連灯のエジソンストリングライトLEDは、ライトとライトの間にカラビナが付属していて吊り下げれるようになっていますが、そのコード間の間隔が約1.2m。

コールマンの大型テント4Sワイド2ルームコクーン3には吊り下げが可能なインナーテントの吊り下げ用リングがあるので、100均で購入したクリップで長さ調節しながら吊り下げています。

 

また、吊り下げ用のカラビナからLEDライトまでの長さが○○cmなので、同じくクリップで挟んで長さを調整しています♪

テントの高さは一定ではないので、固定するクリップの挟む位置によってLEDライトの高さを調整して使います。

ママ
ママ
想像以上にスッキリとした印象で使用できました♪

 

まとめ

いかがでしたか?!

乾電池を交換する手間やコスト、それに充電池を充電する手間などでお困りの皆さんにお勧めしたい、ポータブル電源からの給電式でとってもお洒落なLEDライト。

3女
3女
ベアボーンズリビングのストリングライトLED!!

 

これまで使ってきたジェントス製品も実用的だったけど、ベアボーンズリビングのストリングライトはテント内リビングを優しい光で包み込まれ、とっても癒されました💕

テント内はこのストリングライトだけで十分な光量だと思うので、

購入を迷っている人
購入を迷っている人
見た目が可愛いけどどうしようかな~・・・

と、悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね♪

 

ママ
ママ
素敵な明かりに癒されること間違いなしですよ♪
ママ
ママ
今日も最後までお読みいただき、本当に(人”▽`)ありがとう☆ございました!




コンセントも使える巨大モバイルバッテリー【ポータブル電源 PowerArQ】


【最短翌日配送】アルペン公式オンラインストア



アウトドア&スポーツ ナチュラム