キャンプ

【兵庫県キャンプ場】冬キャンプ初心者さんにお勧め!赤穂海浜公園オートキャンプ場!!

ママ
ママ
皆さん、こんにちは!!

今回は、我が家初の真冬キャンプ、赤穂海浜公園オートキャンプ場に行ってきました(^^♪

寒かったですけど、夏キャンプよりもむしろ冬の方が意外と良いかも・・??!




赤穂海浜公園オートキャンプ場 初心者に嬉しいちょっとリゾートなキャンプ場♪

関西のオートキャンパーの聖地、赤穂海浜公園オートキャンプ場。

ここは初心者のキャンパーには嬉しい設備がいっぱい!!

初心者さんは是非、赤穂海浜公園オートキャンプ場へどうぞ💕

ママ
ママ
外観も受付も、ちょっとしたリゾートホテルみたいですね!?

車の場内への出入りも、受付後渡される専用の駐車券で出入りするので一般車両は入場出来ません

外部の人間が入場出来ない、小さなお子様連れだとそれだけでも、ちょっと安心感がありますよね(^^♪

冬キャンプ 選べる個性派サイトで愉しもう!!

ここ赤穂海浜公園オートキャンプ場には、『ファミリーサイト』『フリーサイト』『キャンピングカーサイト』『コテージ』があります。

それぞれのスタイルに合わせたキャンプができるのが一番の魅力ですね(^^♪

キャンピングーカーサイトで広々キャンプはいかが?!

6区画整備された広々としたサイト。

本格的なキャンピングカーはもちろん、普通車でも利用可能だそうです。

1サイトに10名までOK。

AC電源は料金内に含まれ、8,000円/泊

ママ
ママ
テント2張+タープ1張までOKとのことです!

家族で広々とサイトを使いたい時や、2家族でグループキャンプなんかで使えそうですね♪

ファミリーサイトは2種類からチョイス!

・ファミリーサイト ロイヤル(18区画)10m×12m

テント1張り×タープ1張 専用水道(流し台含む)付き 専用野外炉付き

車横付け可能 5,500円/泊 ※AC電源は別途600円必要

・ファミリーサイト エコノミー(20区画)10m×10m

テント1張り×タープ1張 車横付け可能 4,500円/泊 ※AC電源は別途600円必要

ママ
ママ
お隣との境界に目隠しはありません♪
パパ
パパ
一般的なオートキャンプサイトですね!

気軽にオートフリーサイト気分が味わえる!!

やっぱりオートキャンプと言えば『オートフリーサイト』でしょう!?

私もそうでしたが、オートフリーサイトというと上級者向けで、予約不可の当日受付、良い場所(サイト)は早い者勝ち~!!って、イメージでした。

キャンプデビューしたのが滋賀県の桑野橋河川公園キャンプ場だったせいかな?

ママ
ママ
木陰等の良い場所取りは、とにかく早く行かなきゃ!って、道中すごいドキドキしていた記憶があります・・・!

まっ、結局いつもガラガラに空いていて取り越し苦労になるのがほとんどですけどね(^-^)

でもこの赤穂海浜公園オートキャンプ場は事前予約して確実に場所取りをしたうえで現地に行くため、すっごく安心(*´▽`*)

フリーサイトといっても、専用駐車スペースの近くであればどこにでも設営OKなフリーサイトなので、駐車スペース(40台)が無くなり次第締め切りとなります。

3,500円/泊 AC電源は先着19組のみ限定使用可能なんですって

長女
長女
価格の割には設備が充実した高規格サイトです!

車の駐車位置は当日受付の時に指定されます。

こちらからのサイト指定は原則不可だそうです。

但し、グループキャンプ等、事前にお伝えすれば、柔軟な対応はしていただけますよ!

コテージでまったりと過ごそう!!

いずれもウッディなログハウスタイプのコテージ。

一般タイプと身障者用タイプの2種類のコテージがあります。

ママ
ママ
我が家は泊ったことがないので、残念ながら写真がありません😢

設備の詳細は公式HPにあるので是非チェックしてみてくださいね!!

全10棟、その内1棟が身障者の方に対応しているそうです。

価格は各部屋共通で12,000円~17,000円/泊(時期変動あり)だそうです!

場内での移動が一方通行で、指定されたキャンプサイト場所によっては、このコテージ群の中を通ります。

3女
3女
すっごいオシャレな感じで、なんか外国のリゾート地に来たみたいですよ!

それぞれのサイト予約は公式HPまたは直接電話での受付となります。

冬キャンプ初心者さんでも安心の設備が充実!

初めての冬キャンプ?!

備えあれば憂いなし!!

ちなみに我が家の冬キャンプ装備はこちら。

以前、我が家はまさかの秋寒波がきたとき、結構辛い思い出が・・・(T_T)

ココ、赤穂海浜公園オートキャンプ場では、冬キャンプの初心者さんが、快適に過ごすことができる為の設備が充実しているのでご紹介しますね💕

絶対外せないコンセントボックス!

冬キャンプの必須アイテム、それはコンセントボックス!!

ホットカーペットや、石油ファンヒーターを持参する場合は、電気が必須となります。

ここ赤穂海浜公園オートキャンプ場では、キャンプピングカーサイトや、ファミリーサイトには各サイトにコンセントが付帯しています(一部料金は別)。

しかーし!!

ここ赤穂海浜公園オートキャンプ場オートフリーサイトで唯一の弱点、『コンセントボックス』の定数不足。。。

つまり、フリーサイトの定数40に対して19基しかありません・・・

しかもコンセント使用の予約が不可なので、アーリーチェックインをするしか方法がありません!!(つまり早い者勝ちで、サイト使用料として1時間につき400円が別途必要・・・)

パパ
パパ
冬場のオートフリーサイトのコンセントボックス、かなり競争率が高いそうだね・・・?!
ママ
ママ
不安な場合は、迷わず個別サイトに予約しましょう!
次女
次女
アーリーチェックの料金を考えると、ファミリーサイト(エコノミー)と料金が逆転することもあります!!

オートフリーサイトの場合
⇒3,500円/泊+電源代600円+アーリーチェックイン(9時~13時までの4時間として)1,600円合計5,700円

ファミリーサイト(エコノミー)の場合
⇒4,500円/泊+電源代600円 合計5,100円

食器洗いが楽チン♪熱湯が出る洗い場♪♪

この設備には本当に!感動しました!!

ママ
ママ
寒い日のキャンプ、朝晩の食後の洗い物って水が冷たくて嫌じゃないですか??

特に夜は・・・酔ってるし・・・眠たいし・・・

面倒だな~て思ったことないですか?

この赤穂海浜公園オートキャンプ場は真冬でも『熱湯』が出ます

長女
長女
寒い日の朝に、顔を洗うのも嫌だ・・・😢

この熱湯、そのまま湯たんぽに入れても翌朝までポッカポカ💕💕

わざわざお湯を沸かす必要が無かったので、燃料の節約にもなりました!!

直ぐ近くで子供たちが遊べる遊具がある

我が家のお気に入りがこれ!!

到着後、移動のストレスを溜めていた子供たちが、先ず真っ先に向かってくれる遊具たち💕

ママ
ママ
せっかくキャンプ場ついたのに、設営しているあいだ何もすることがない・・・

な~んてことがありません♪

子供たちは子供らしく!

荷物の運搬など、お手伝いできることはしてもらいますが、あとは遊具で遊んでもらいます!!

パパ
パパ
その間に頑張って設営しましょう!!
ママ
ママ
前述したように、基本的に外部の人間がいないと思うと、多少は目を離してもいても安心できますね♪

場内には、それぞれ小さい遊具ですが、計4か所あります。

それぞれ違う形の遊具なので、子供たちはいつもそれぞれの遊具を一通り遊んでいます。

また、センターハウス内受付にて、サッカーボールやフリスビー等、ちょっとした遊び道具も無料で貸してくれます。

数に限りがあるので、到着後は早めに借りておきましょう!

その他の設備達も優秀ぞろい♪

綺麗なトイレが計3か所。

広いキャンプ場内に対して、ストレスなくアプローチできるようにレイアウトされています。

ママ
ママ
それぞれのサイトから『遠いなぁ~』と感じることはまずないでしょう♪

ちなみにトイレは『和式』と『洋式』、車いす対応の大型トイレに3か所とも対応しています!!

3女
3女
私たちでも安心して使えます!!

また、きれいなコインランドリーやシャワールーム(5分/100円)も完備しています💕

 

それぞれセンターハウス内にあり、朝の9時から夜の21時まですよ~♪

直火・焚火は絶対NGです!!

※注意点とお詫び※
2019年10月に訪問した際、誤認識していることが判明しました・・・!

当時は貸し出してくれる専用焚火台を使えば、焚火はOKと聞いた記憶だったんですが、今回改めて受付の女性に確認すると、絶対NGです!!って、凄まれました・・・💦

綺麗な芝生を守るためにどんな状況・場所でも、焚火は絶対NGでお願いします!とのことです。

このサイトを見て赤穂海浜公園オートキャンプ場で焚火を楽しみに実際に行かれた方、或いはこれから行こうとしていた方、誤情報で本当に申し訳ありませんでしたm(__)m

ここ赤穂海浜公園オートキャンプ場は全サイト芝生です。

この芝生を『売り』にされているようなので、基本的に絶対にキャンプ場内は直火禁止です。

この『基本的に』という、奥歯に物が挟まった言い方をする理由があります。

それは、このキャンプ場で貸し出してくれる『焚火台』を敷けば、焚火炭火が可能になる!ということです。

次女
次女
炭火でバーベキューする時にも専用台がいるの??

高さが低いバーベキューコンロを使用する場合は、専用台が必要。

・スノーピーク 「焚火台」
・コールマン 「ファイアーステージ」
・ユニフレーム 「ファイアグリル」
・キャプテンスタッグ「ヘキサステンレスファイアグリル」
・ロゴス 「焚き火ピラミッドグリル」
・炉端大将 等々・・

足の長い(背が高い)バーベキューコンロを使用する場合は専用台は必要ありません

画像:Amazon~

3女
3女
『炉端大将』のような背が低いバーベキューコンロなら、持参したテーブルの上に置けば大丈夫だよ!

地面から少し高くして、芝生の育成に影響がでないように!という配慮だそうです(^^♪

赤穂の冬キャンプといえば牡蠣でしょ!?

今回我が家が本格的な冬キャンプデビューするきっかけになった『牡蠣』。

ここ赤穂から車で片道30分くらいかかる、岡山県の日生(ひなせ)にある『五味の市』という有名な海鮮売り場でいつも購入していました。

ところが!

当日、キャンプ場の方に聞いたら、この周辺の牡蠣施設は『牡蠣祭り』が行われていて、どこも大渋滞が予想されるって・・・(;’∀’)

えぇ!!?そんな・・・

せっかくここまで来たのに・・・!!諦めきれない・・・

しかーし!!

親切にもキャンプ場の方が私たちに地元の方が買いに行くお店を紹介してくれました!!

ママ
ママ
親切なおじさん!ありがとうございました!!

赤穂海浜公園オートキャンプ場から車で15分くらいなので、ストレスなく買いに行くことができました!!

冬キャンプ初心者キャンパーさんにお勧めするまとめ!

最初はドキドキした冬キャンプデビュー戦。

いきなりツライ思い出とともに、もう嫌だ!!ってなるのは避けたいですよね♪

ママ
ママ
ここ赤穂海浜公園オートキャンプ場なら、冬キャンプデビュー戦にもってこいな設備の充実さと、過ごし易さを兼ね備えたキャンプ場です💕
  • コテージ・キャンピングカーサイト・個別サイト・フリーサイト、色んなキャンプスタイルで宿泊できる!
  • 熱湯が出る水道・コンセントBOX・シャワー等冬でも充実した設備!
  • 子供が満足!4か所ある遊具と無料レンタルの遊び道具!!
  • 直火はNG!でも、焚火台を使って焚火をするなら『専用台』を施設に借りて炎と戯れよう!!

皆さん、どうですか?冬キャンプ!

ママ
ママ
我が家も、とうとうデビューしましたよ♪
パパ
パパ
真夏に汗をかきかき、熱中症と闘いながら設営、撤収する時よりもずっと楽チン!
3女
3女
蚊やアリさんもいないので、お外の芝生でゴロゴロできるのが楽しい💕💕

最低限の装備さえ揃えたら、さぁ!出発だぁ(^^♪

 




★おまけ★

この赤穂海浜公園オートキャンプ場は、撤収時間が11:00までの為、お昼ごはんが中途半端な時間になります。

そんな撤収日のお昼ご飯は cafe ハノンでお安く贅沢にいかが??

朝ごはんを少し控え気味にして、ランチにがっつり大満足してみるのもアリかも?!

ママ
ママ
最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

[/2col-box