キャンプ

【キャンプ×スノーピーク】エントリーパックSSはオールシーズン使える優秀な寝袋!!コスパが高くてクッションとしても使えるマルチ寝袋を紹介します♪

ママ
ママ
皆さん、こんにちは!!

そろそろ季節は冬キャンプシーズンに突入しましたね!

冬キャンプといえば、欠かせない物の一つに『寝袋』があります。

真夏以外であれば、標高が高いキャンプ場や、春秋の朝晩は寒く、使用頻度が多い寝袋。

ママ
ママ
寒くて寝れなかった・・・💦
3女
3女
キャンプから帰ってきたら熱が出て学校を休みました・・・💦

そんなキャンプは辛いですよね…😢

ママ
ママ
かといって、色んな形状やタイプが異なる寝袋をどう選んだらいいのかサッパリ分からん・・・!

そんな方も多いのではないでしょうか?

また、収納に嵩張る寝袋は、我が家のように5人分ともなると、車のトランク収納でもかなり場所を取ります・・・💦

我が家は、これまでむかーし買ったメーカー不明のダウン寝袋を使用していましたが・・・

もうボロボロ・・・

ママ
ママ
でも、寝袋を5つも揃えようとすると、かなりお金が必要だし・・・💦
ママ
ママ
そうは言っても、せっかくの楽しむキャンプで寝心地が悪いのも嫌だし・・・
ママ
ママ
子供たちも大きくなってきたし、寝具にも少しこだわりたいなぁ~

と、贅沢なことばかり考えていた矢先、スノーピークのこの商品に出会いました♪♪

 

ママ
ママ
どうよ??

お値段もひとつ5,000円強と、スノーピークの商品としてはかなり安めの価格設定
(というか、近所のホームセンターで購入する寝袋と同じような価格帯?!)

寝袋を使用しない時は、クッションとしての使用が可能。

キャンプ場への行き帰りは、子供たちが座るセカンドシートで、クッションや座布団として使用することで車載に余裕が生まれます。

我が家の3人娘たち、今回の出撃に際して、お尻の下に敷いて座布団代わりに座っていました(笑)

車のラゲッジスペースがパンパンの我が家には、寝袋5つ分のスペースが空くのはかなり嬉しい限りですね(笑)

しかも、自宅で洗えるので衛生的

もちろんスノーピークの永久保証付き

価格が安くて、アフターサービスがしっかりしている日本メーカーの安心感。

  • スノーピーク商品としては購入しやすい価格設定♪
  • 移動時はクッションとしてセカンドシートに置くことで、荷物が多いラゲッジスペースを有効的に使える♪♪
  • 家で洗えるので衛生的♪♪♪
  • スノーピークの永久保証付き♪♪♪♪

 

モチロン即お買い上げ・・・(笑)




スノーピーク エントリーパックSS

メーカー名 スノーピーク
商品名 エントリーパックSS
使用時サイズ 巾78×長さ196㎝
収納時サイズ
(クッション型)
横49×高さ38×厚み20㎝
材質 ・表地/68Dポリエステル
・裏地/68Dポリエステル
・中綿/ポリエステル
快適温度 13℃
下限温度 5℃
備考 ※標高の高い高原での使用や秋口の使用には適しておりません。と、メーカーからの注意喚起有ります。

ざっと、スノーピーク公式HPからの情報はこんな感じ。

気になるのは、備考欄に記載している文言。

『※標高の高い高原での使用や秋口の使用には適しておりません。』

下限温度が5℃までで秋以降の使用ができない??

他に、スノーピーク製の寝袋ラインナップでもある『オフトン』という高級グレードシリーズ。

この高級グレードである『オフトン』シリーズでも下限温度が5℃までの商品があります。

もちろん、この『オフトン』には、このような文言は記載されていません。

ママ
ママ
なのに、何故エントリーパックSSだけ、こんな表記があるんだろう・・・??

とっても気なるところ。

だから、確かめる為に早速、キャンプに行ってきました(笑)

12月の中旬、場所は滋賀県のマイアミ浜オートキャンプ場。

初訪問です💕

友人キャンパーさん達の評価が上々なので、前から気になっていたキャンプ場。

当日は寒くなる予報だったので、寝袋のレビューとしてはいい感じになりそうな予感💕

早速設営開始!

我が家のテント内の冬仕様はこの通り

銀シートを敷いて・・・
インナーテントを吊って・・・
アルミクッションマットを敷いて・・・
インフレータブルマットを敷いて・・・
ホットカーペットを敷いて・・・
ホットカーペット用ラグを敷いて・・・
寝袋を敷いて・・・
ニトリの薄手毛布で完成!!

これまで色々と試したマット類の中で一番のお気に入り、ハイランダーのインフレータブルマット。

このハイランダーのインフレータブルマットがあるだけで、テント内の寝床が極上ベットに早変わりします💕

我が家は3畳用のホットカーペットですが、ハイランダーのインフレータブルマットに対して大きさが少し足りません。

5人家族の我が家では、基礎体温が高く、暑がり屋さんの3女がこの位置で寝るとちょうどイイみたい(笑)

で、その上にホットカーペットを敷いて、ボロボロになったカーペット用のラグを敷きます。

そして、スノーピークのエントリーパックSS。

2枚を上下で連結して、1セットにします。

それを2セット(つまり合計4枚)で5人家族が寝ています。

1セットは夫婦で使用。もう1セットは小学生1年・3年・4年の3人娘が寝て丁度いいサイズ感です。

連結2セット分(4つ分の寝袋)で合計¥21,560也。※2020年1月時点価格

寝袋4つでこの価格は購入しやすく、お財布に優しい商品です♪

 

一度チャックを全部外して全開にし、2枚の寝袋を重ね合わせます。

口コミで散見される、コーナー部分のチャック開閉し辛い問題は、チャックを外側に引っ張るようにスライドさせるとスムーズに動きます

 

シート状にした寝袋を、上下で重ね合わせ、左右のチャックを閉めたら出来上がり。

この寝袋の連結方法は、10年前にホームセンターで購入した他メーカーの封筒型寝袋と変わらない連結方法です。

パパ
パパ
封筒型を2枚連結する方法は、どのメーカーも同じだと思うので、逆に言えば、コーナー部分のチャック開閉はどのメーカーの封筒型寝袋でも同じだと思います!

また、他メーカー品も同様、スノーピークのエントリーパックSSも連結後の足元に隙間ができます。

パパ
パパ
この隙間から冷気が侵入してきます。

 

ということで、足元を冷やさないよう我が家は湯たんぽを投入します。

重ね合わせた寝袋の内、1セットは小学生の低学年の3人娘たちが一緒に、もう1セットは夫婦で寝ました。

外気温はおよそ3℃。

テント内温度は5℃。

で、結論。

ママ
ママ
普通に寝れます(笑)

でも、先にお伝えした通り我が家ではホットカーペットを敷くので、『電源付き』もしくは『ポータブル電源』を使用することが大前提となります。

ホットカーペット又は電気毛布を使いつつ、湯たんぽを入れれば、真冬でもこの寝袋でも大丈夫そうな感じ。

ママ
ママ
ホットカーペットや電気式毛布のような文明の利器が無いと、寒くてチョット無理っぽいかな。。。(笑)

メーカーが記載する『※標高の高い高原での使用や秋口の使用には適しておりません。』というのは、ホットカーペットなどの電化製品を使用しないことが前提だと思います。

スノーピーク エントリーパックSS 特徴の紹介

1.肌触りが良い寝袋

完全に好みの問題ですが、安っぽさがありません。

パパさんが独身時代に、近所のホームセンターで購入した某メーカーの封筒型寝袋は、シャカシャカした生地で、『いかにも安物!』って感じがしていました。

実際に寝てみると、内側の生地も肌触りが良くて気持ちが良い💕

封筒型には宿命の、襟元のスカスカ感は否めませんが・・・

寝袋の生地が薄い為、念のため上から羽織える毛布を準備しました。

このニトリのNウォーム毛布は、薄くて軽くて暖かい!

あまり大きかったり、シングルを何枚も持って行くと結局嵩張るので、我が家はセミダブルを1枚だけ持って行きます。

 

 

普段、家ではリビングのソファで普段使いしています。

ママ
ママ
かなり重宝していますね(笑)

※注意※

Nウォームには種類があって、『Nウォームスーパー』や『Nウォームモイスト』はかなり嵩張るので注意が必要。

画像出典:ニトリ公式HP~

2.クッションになる寝袋

画像出典:スノーピーク公式HP~

このスノーピーク エントリーパックSS最大の特徴(と勝手に考えている)、クッションとして使える点。

一般的な寝袋と違い、収納袋が四角形になっていて、寝袋を折り畳んで収納するとクッションとして使用することが可能

折り畳み方も、慣れればとっても簡単♪

ママ
ママ
最初はチョット苦労しましたが、慣れですね(笑)

クッションとして車のセカンドシートに置いておくことで、ラゲッジ収納の収納力が格段にアップします

また、テントでは就寝準備をするまではチェアクッションとして使用。

ママ
ママ
ちょっとリッチな気分にさせてくれます(笑)

寝袋としてだけではなく、クッションとして兼用使いできるところが嬉しいですね。

ママ
ママ
口コミでも、キャンプ以外に防災用として購入されるかも多いみたい・・・!!

2019-09-26

クッションとして、緊急時の寝袋として

本来の使い方からは外れてしまうが、災害時や緊急時の車中泊用として購入しました。普段はクッションの形になるのでミニバンの後部座席に積んでおいても邪魔にならず、非常に重宝しております。

 

スノーピーク公式HPのReviewより抜粋

 

但し、クッションとして使用することも想定しての収納の為、収納ケースに入れた状態は想像以上に大きい印象です

 

車のラゲッジに収納するのであれば、チョット邪魔になるサイズ感だと思います。

だから我が家では、クッションとしてセカンドシートに置いて移動しています。

ママ
ママ
家の納戸に収納する時も、もちろん場所を取りますよ・・・

圧縮収納していないため、収納サイズは少し大きめ。

クッションとして使用しない場合、車で移動時の収納性や、家での保管にはスペースが必要!

3.自宅で洗濯ができる寝袋

40℃までの温水で、弱水流の洗濯機または手洗いが可能なエントリーパックSS。

夏場はもちろんですが、子どもは基礎体温が高く寝汗をよくかくので、自宅で洗えるのはとても便利です♪

ママ
ママ
乾燥機は使えない』ので注意が必要ですよ!

縮んだり、最悪の場合は破損することがあるので乾燥機は使用不可です!!

 

4.アフターフォローしてもらえる寝袋

万が一故障しても、修理をしてくれるアフターフォローがある寝袋です。

パパ
パパ
リーズナブルな寝袋でも、きっちりフォローしてくれんだね!?

リーズナブルな商品だからといって、サービスを手抜きにするようなスノーピークではありません♪

ママ
ママ
安心して購入することができますね!

まとめ

いかがでしたか?

キャンプといえば寝袋。

普段寝ているお布団とは違い、子供たちも楽しみにするキャンプの楽しみではないでしょうか?

そんな寝袋選びはキャンプスタイルによって選ぶ必要がありますが、今回ご紹介したのは、オートキャンプで電源付きサイト(又はポータブル電源)であれば快適に使える寝袋、スノーピークのエントリーパックSSでした。

寝袋購入を検討されている方の、参考になれば幸いです(笑)

ママ
ママ
今日も最後までお読みいただき、本当に(人”▽`)ありがとう☆ございました!!