キャンプ

【キャンプ×積載問題】車に積み込むキャンプ道具が多過ぎて困っていませんか??収納がコンパクトになるお勧めしたい我流アイデア&アイテム5選!!

ママ
ママ
皆さん、こんにちは!!

2021年がスタートしましたが、年末年始はどのように過ごされましたか??

コロナでの外出規制の中、我が家は限りなく人のいないと思われるマニアックなキャンプ場で年越しキャンプに行ってまいりました(笑)

しかも、『地平線から昇る初日の出をテントサイトから拝みたい!!』という私の超ワガママが体感できる超マニアックなキャンプ場で♪

 

ところで、冬キャンプは夏シーズに比べて荷物が多くなる季節でもあります。

毛布電気毛布、それにダウンなど、キャンプで暖かく過ごすためには空気を多く含む荷物が多くなるからです。

ママ
ママ
パパさんが車に荷物を積み込む時がとても大変そう・・・(☜他人事(笑))

他にも、石油ストーブや湯たんぽ、補充用の灯油ケースや厚めのウレタンマットなど、冬キャンプは嵩張る道具が多く、車のトランクに収まりきらない問題が勃発しがち・・・

ママ
ママ
でも大丈夫!!

嵩張るけど冬キャンプには欠かせない毛布などを、簡単に省スペース化を実現する方法があるんです♪

キャンプ道具を車のトランクに積載・収納に困っている、いわゆる『積載問題』で悩んでいる方も多いハズ。

今回はそんな『積載問題』で我が家が実践する、アイデアや工夫を『5つ』紹介したいと思います!!




キャンプ道具の積載問題を解決するお勧めアイデア&グッズ5選!!

収納棚

画像出典:Amazon~

住宅のクローゼットや押し入れなどの空間に、お布団などを整理して収納するための『収納棚』。

家庭向けで販売されている商品の殆どが『白色』の収納棚が多いなか、今回ご紹介するのは『黒い収納棚』

ママ
ママ
収納棚が載っていても、あまり違和感がないでしょ?!
3女
3女
でも、何で収納棚なの??

収納棚が無い状態だと、トランクルームの奥から順番に荷物を積み込み、『荷室全体でテトリス』をする必要があります。

荷物を取り出す時も、手前の荷物から引っ張り出していって、欲しい荷物になかなか辿り着かないことも・・・

ところが、この黒い収納棚を置くだけで、トランクルームを有効活用することができます♪

 

収納棚を置くことで、上の写真のように、トランクルームのスペースを3分割することができます。

それぞれ分割された『スペース内だけのテトリス』で済むので、積載する順番を決めやすいのが特徴♪

もちろん荷物を取り出す時も、各スペースから必要な道具を取り出すので、荷物を全て引っ張り出す必要がありません♪

それぞれ大きさの違うキャンプ道具を積載するのに、とても便利なんです♪

荷物の大きさに合わせて積載して取り出しやすい♪
シェルフコンテナ50が2個ピッタリ神フィット♪
収納棚を使うと綺麗に収納できるのでストレスがなくなりました♪

 

それに、キャンプ場に到着後は、荷物の仮置き用として使ったり、テントの中に入れて着替えなどの収納袋を置く収納棚として使えます♪

我が家のキャンプではもはや欠かすことができない、とても便利な収納棚♪

よくホームセンターで販売されている『イレクターパイプラック』という商品で、車内の棚造りを実践している方も見ますが、車のトランクサイズを自分で計測してカットする必要があるので私にはちょっと不向き。。。💦

この棚はとにかく価格が安く、置くだけ簡易設置

ほんでもってテント内でも棚として使えるという利点があります♪

ママ
ママ
耐荷重が45kgまであるので、重い荷物を載せても大丈夫♪

積載するキャンプ道具の種類や大きさが変わる夏場や冬場、それに新たに道具を購入した場合でも、伸縮式なのでサイズがフレキシブルに変わるので永く使えます♪

その時に積載する道具によって収納棚のサイズを変えることができるので、とても使い易い商品です。

2個セットで2,000円前後と導入しやすい金額なので、是非皆様にお勧めしたい商品です♪

耐久性も高く、使い始めて3年目になりますが、まだまだ壊れることなく使っています♪

布団圧縮袋

キャンプに持って行く荷物は、季節によって変わります

特に冬キャンプの場合、暖房器具などの防寒系の荷物が増えるのでかなり嵩張りがち・・・

冬用のダウンシェラフ毛布に電気毛布、それに石油ストーブ湯たんぽなどなど・・・

パパ
パパ
さぁ!荷物を積み込むぞ!!

ところが、普段の荷物以外に冬装備が増えているので、当然車のトランクルームに全部入りきりません・・・💦

パパ
パパ
どうしよう・・・
ママ
ママ
そんな経験、ありませんか??

特に、5人家族の我が家のように、人数が多ければ尚更、荷物が多くなります。

我が家では、色々と工夫した結果、嵩張る荷物を圧縮することに行き着きました♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kバルブ圧縮袋 M2枚入 110×100cm
価格:748円(税込、送料別) (2021/2/27時点)

 

 

圧縮できるのものは基本的に『衣類』や『寝具』といった、柔らかくて空気を多く含んでいるモノです。

毛布やフロアーカーペット、電気毛布にホットカーペットをふとん圧縮袋で圧縮してキャンプに行きます。

圧縮前・・・
圧縮後♪♪
ママ
ママ
圧縮するのとしないのとでは、荷物の容量が全く違います♪

圧縮袋が破れたらその瞬間から使い物にならなくなるので、キャンプなどのアウトドアでは気を付けて使う必要があります。

我が家は、口コミが一番良かった、こんな大型収納袋に入れてキャンプ場に持って行っています☟

100Lの大容量ですが、持ち手が3つも付いているので、重い荷物を入れても楽に運べます。

ママ
ママ
商品保証が12ヶ月間も付いているので、万が一、商品に不具合があっても返品・交換が可能なので、安心して購入することができます♪

ダイソン掃除機でも吸引が可能なので、キャンプ以外でも、家でお布団を圧縮収納する時も愛用しています♪

また、今回のタイトル通り収納をコンパクトにするために、夏キャンプでは浮き輪の空気入れとして持っていた、コンパクトな電動式空気入れがお勧め♪

ママ
ママ
なんと、空気の排出も可能だったんです(笑)

わざわざ家で使うダイソン掃除機を持参しなくても、圧縮ができる優れモノなんです♪

付属するノズルを下の写真のようにチョットした裏技を使うことで、圧縮袋の排出孔の大きさに合わせています(笑)

ノズルを逆さまに連結して・・・
排出口の大きさに合わせます♪
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kバルブ圧縮袋 M2枚入 110×100cm
価格:748円(税込、送料別) (2021/2/27時点)

 

 

ソフトクーラーボックス

※画像出典:フリー素材サイト「ぱくたそ」

夏キャンプと違って、カクテル系飲料やビールを飲む本数が減って、その代わりに日本酒の出番が多くなる我が家の冬キャンプ・・・(笑)

また、バーベキューなどの肉料理から、野菜が中心の鍋料理の出番が多くなるのも冬キャンプ。

※画像出典:フリー素材サイト「ぱくたそ」

すると、冷やす必要がない食材が多くなります。

つまり、夏キャンプでは必須アイテムとなる、コールマンのスチールベルトクーラーという51ℓサイズのハードクーラーボックスが必要ありません。

 

ハードクーラーボックスの代わりに我が家で活躍するのは、使い終わったらペチャンコに折り畳めるソフトクーラーボックス。

スノーピークのロゴが入った、可愛いソフトクーラーと迷いましたが・・・

ママ
ママ
値段が高過ぎて手が出せない・・・💦

そんな時、スノーピークのOEM(生産委託)先であるシアトルスポーツが、2019年から大幅なプライスダウンしているらしいとの情報が・・・

キャンプ場や水辺のアウトドアシーンで定番のソフトクーラーですが、初めてこの商品を市場に送り出したのは、実はSEATTLESPORTS社(シアトルスポーツ)なのです。
頑丈で壊れにくく、保水しないポリエステルウェビングや世界に先駆けて採用した高周波によるシーム溶着技術はそのままに、生産拠点をアジアに移すことで、断熱素材を倍にして保冷効果を大幅アップしながらも、お値段が従来品に比べて30%~40%もお求めやすくなっております。

出典:A&FコーポレーションHP~

 

 

スノーピークとはサイズが若干違うものの、品質が同等レベルのシアトルスポーツのソフトクーラーボックス

メーカー名 商品名 サイズ 価格
(※2020年12月時点)
シアトルスポーツ フロストパック 23QT W330×D228×H292mm ¥6,600(税込み)
スノーピーク ソフトクーラー 18 W343×D241×H229mm ¥10,450(税込み)

サイズの違いがありますが、その金額差はなんと類似サイズタイプで4,000円弱もあります。

ママ
ママ
思わずポチっちゃいました(笑)

シアトルスポーツのソフトクーラーボックスは、2019年にリニューアルされ、従来品に比べ断熱層が1枚から2倍の2枚になり、保冷機能がアップしています♪

ママ
ママ
それなのに価格が20~30%安くなりました!!

これまで、本国アメリカ合衆国で生産していたシアトルスポーツですが、2019年リニューアル商品より中華で生産することに。

パパ
パパ
だから性能アップでも価格が安くなったんだね?!

保冷を必要としなくなる食材が多くなる冬キャンプ。

大きくてスペースを必要とするハードクーラーよりも、使い終わったら小さくコンパクトに折り畳めるソフトクーラーの方が、冬キャンプでは使い易くてお勧めです♪

キャンプに向かう時・・・
キャンプから帰る時!!

ソフトクーラーボックスを折り畳むと、かなりのスペースを確保することができるので、帰宅途中のお土産なども安心して購入することができます(笑)

ママ
ママ
季節によって道具を使い分けることで、車への積載問題が解決することもありますよ♪
ハードタイプのクーラーボックスでキャンプから帰る時・・・
ソフトクーラーボックスでキャンプから帰る時♪
パパ
パパ
帰りは着替えた洗濯物やお土産等、いつもスペースがギリギリなので、こんなにスペースが確保できると思うと気持ちに余裕ができますよ♪

MLIMA(リマ) ステンレスジャグ 20ℓ

 

見た目で購入したMLIMA(リマ)ステンレスジャグ20ℓ♪

3女
3女
20ℓのウォータージャグが、なんでコンパクト収納と関係あるの??

そう思われる方も多いと思いますが、このMLIMA(リマ)ステンレスジャグは大口径なので、中に荷物を入れて持ち運びすることができるので、とても輸送効率が高いんです♪

ママ
ママ
スタッキング収納が可能なんです♪
10インチのダッチオーブンがスッポリ入る大口径!!
我が家はスノーピークのクッカーセットを入れています♪

シンプルなデザインなので、自分で好みのステッカーを貼ってオリジナルウォータージャグにすることができます♪

ステッカーを貼ったジャグを見たスノーピーカーの友人が、

スノーピークが大好きな友人
スノーピークが大好きな友人
えっ!!?スノーピークの新商品??いつ出たの??私も欲しい~!!

って言われて種明かし。

ママ
ママ
お互いに大笑いでした(笑)(笑)

※2021年2月現在、販売されている商品は、コックの形状が変わっています。

また、20ℓタイプは10ℓと同形状ではない商品が販売されています。

我が家が購入した20ℓタイプの製品は、底径が33φ×高さが35cm。

ピッタリサイズのジャグスタンドが『フィールドア』というブランドから販売されています♪

 

簡単に組み立て、分解が出来るのでジャグスタンドとして、とても重宝しています♪

また、水受けにはレデッカーのバケツを愛用しています♪

とても嵩張るレデッカーのバケツですが、ジャグの水受けとしてだけではなく、食器洗いの盥(たらい)の役目も果たしてくれます。

積載効率だけを追求することなく、お気に入りのギヤでキャンプを楽しむのも大事だと思える逸品です♪

ハクキンカイロ(冬キャンプ限定)

冬キャンプの就寝時には欠かせないアイテムと言えば『湯たんぽ』。

ですが・・・

ママ
ママ
湯たんぽって結構嵩張るんですよね・・・💦

マルカの金属製湯たんぽ2.5Lと、スノーピークの3シーズン用寝袋エントリーパックSSで過ごす、我が家の冬キャンプ寝床事情。

ポータブル電源と電気毛布、それに湯たんぽを寝袋の中に入れて寝れば、3シーズン用の寝袋でも朝まで快適に寝ることができます♪

ところが・・・

家族5人分の金属製湯たんぽとなると、かなり大きく場所を取ります。

そこで見つけた湯たんぽの代替品。

超極小で繰り返し使える懐炉(カイロ)、ハクキンカイロを見つけちゃいました♪

 

ベンジンという燃料を満タン注油すれば、24時間40℃前後の熱を変わらずキープしてくれる優れモノ♪

湯たんぽと比べるとかなり小さいサイズ感♪

湯たんぽに比べサイズが小さいので、湯たんぽと比べると少し暖かさは劣りますが、足元に入れておけばポカポカと温めてくれます♪

サイズがコンパクトで持ち運びができる、超低燃費のハクキンカイロですが、注意点もあります。

ベンジンという石油系の燃料が気化する際の触媒作用で暖まる構造上、石油系の臭いが発生します。

使用中は常に微かに石油系の臭いが発生します。

臭いに敏感な方や、寝袋が臭くなるかも?と、臭いに対して気になる方は注意が必要です。

ママ
ママ
ガソリンスタンドの臭いが苦手・・・!!
長女
長女
ガソリンスタンドの臭いで気分が悪くなる・・・💦

という方は、購入を控えた方がいいかもしれません。

 

臭いには敏感な私。

胸ポケットなど、顔の近くで使用すると石油系の臭いが気になります

また、帰宅後に寝袋を干すと、ほんわりと石油系の臭いがします。

臭いの感じ方には個人差があるので気になる方は購入を控えた方がいいかもしれません。

次女
次女
そういう方には、湯たんぽがお勧めですね♪

まとめ

キャンプへ行く事に慣れてくると、自然と増えてくるキャンプ道具達。

そんな時は、一度コンテナボックスに収納しているキャンプ道具を見直してみましょう(笑)

意外と季節にそぐわない無駄な物や、ずっと使うことのなかったキャンプ道具があったりします。

それでも駄目なら、今回ご紹介したような整理整頓用の棚や、衣類などをペッチャンコにする圧縮袋などを活用して、上手に収納&積載をしてみるのがいいと思います♪

ママ
ママ
今日も最後までお読みいただき、本当に(人”▽`)ありがとう☆ございました!!