キャンプ

【キャンプ道具】冬キャンプ初心者に絶対お勧め!!実用的なキャンプ道具5選!!

ママ
ママ
皆さんこんにちは!!

11月も中旬になると、朝晩の冷え込みも随分と厳しくなってきました。

そこで今回は、昨年冬キャンプデビューした『冬キャンプ初心者の我が家』だからこそ、これがあったから冬キャンプが好きになった!!と、思える道具と、その使い方までを紹介しま~す!




1.石油ストーブ

 

冬キャンプの必需品、石油ストーブ。

オシャレキャンパーさんが必ず持っているこんなストーブの購入を検討したけど・・・

ママ
ママ
結構デカいし・・・💦

また、アラジンのような対流式石油ストーブは、テント内全体を温めるには適していますが、

ママ
ママ
暖かい空気は上昇するので、実は横から手を当てても温かくないんです・・・💦

横から手を当てる写真があれば望ましいけど・・・

対流型のストーブだと基本的に暖かい熱は一度上に上がります。それから空気の流れによって部屋全体を温めていくので、テントの真ん中に置くのが適しています。

人気のフジカハイペットは、別売りで反射板を購入することが可能で、対流型だけでなく反射型としても使用することが可能。

コンパクトで可愛いんですが、お値段と納期がハンパなく可愛くないんです・・・(笑)

そんな人気者、フジカハイペットと迷った末、結局近所の電気屋さんで見つけた、この反射型石油ストーブを購入。

決め手は、①コスパが最高、②コンパクトなサイズ、そして何といっても③テント中で場所を気にせず置けること

我が家はコールマンのウェザーマスターのツールームテント『コーチ』を愛用していますが、インナーテントを吊るすと、リビングスペースは既にテーブルやキッチン、5人分の椅子などでイッパイ・・・💦

ママ
ママ
狭いテントの中でストーブを真ん中に配置すると、レイアウトに圧迫感があるんじゃないかな・・・?

我が家が使うこの石油ストーブは、テントの幕際でも置けるので、レイアウトを気にすることがありません(とは言っても、天面部分は熱くなるので、幕に近づけ過ぎるのはNGですよ~)

 

 

この反射板式ストーブはお値段も1万円を切る価格ながら、我が家のツールームテントの中を十分に温めてくれ、色目も茶色で相性がピッタリ💕

 

人気のフジカハイペットを購入するまでの『繋ぎ』で購入しましたが、今はこの石油ストーブで十分な気がしています。

サイズもコンパクトなので、車のラゲッジスペースでも男前な収納棚を使って、無駄なく積載することができます。

 

 

・テント内で石油ストーブを使用する際は、必ず換気を実施しましょう。

我が家は石油ストーブを付けている間はずっと、テントの窓上部を少し開放しています。

また、就寝時には必ず消灯してから寝るようにしています。

※石油ストーブをテント内で使用する際は、くれぐれも自己責任でお願いします!

2.ホットカーペット(電気式毛布)

我が家の冬キャンプは今のところ、電源付きサイト限定です。

何故なら、ホットカーペットが無ければ寒い夜を過ごせないからです(笑)

逆に言うと、ホットカーペットさえあればどんなに寒くても快適に過ごすことができます。

昔パパさんが独身時代に使用していたというホットカーペット。

まさか今更、押し入れの奥から引っ張り出してキャンプで使うことになるなんて・・・(笑)

就寝時はとても暖かく、冬キャンプが好きになった理由の一つでもあるのですが・・・

問題点は、折り畳んでもコンパクトにならず、車のラゲッジ収納では大きく場所を取っていることかな・・・💦

ママ
ママ
電気式毛布ならコンパクトになるそうなんだけど・・・

 

電気式毛布はホットカーペットに比べ、使用電力が少なく、収納がとてもコンパクトな為、ポータブル電源を購入したら買い替える予定です(笑)

 

ちなみに、我が家の3畳用ホットカーペットの使用電力は700w

対して、電気式毛布の使用電力は50w前後(強で使用時)

桁が違うんです(笑)

今後更に本格的に冬キャンプを楽しみたい!と、ポータブル電源の購入を検討している我が家にとっては、この使用電力の削減は大きなメリットになりそうです。

さて、キャンプで使うホットカーペットや電気式毛布、もちろんテントの中で使用します。

このテントの設営方法に気を配れば、真冬のキャンプ場で少々冷え込んでも、我が家のようにスリーシーズン(春・夏・秋)用寝袋でも快適に寝れます。

先ず、シルバーシートを敷いて、インナーテントを吊るします。

シルバーシートを敷く大きな理由は、インナーテントの汚れを防止し、テントの底面が傷付くのを防ぎ、結露を緩和させ、撤収時には楽に撤収できる役割もあると考えています。

 

夜中に突然降りだす雨対策として、インナーテントより大きいサイズのシルバーシートを用意しましょう。インナーテントの底面サイズより『40cm前後』大きめな銀シートを用意しておくことをお勧めします。

シルバーシートを下に折り込んでおくと、突然、雨が降ってもインナーテントの下に水が浸入しません。

 

インナーテントを吊るし終えたら、テントの中に銀マットを敷きます。

この時、『銀マットのアルミ面の向きに注意が必要』です。

冬キャンプの場合、アルミ面は上向きにします。

アルミ面が体温を(我が家の場合は電気式毛布の熱を)反射してくれるからです。

逆に、夏キャンプの場合は、アルミ面を下向きにし、地熱が伝わるのを緩和します。

銀マットは季節に合わせて表裏を使い分けよう!!

銀マットを敷き詰めたら、その上にインフレーターマットを敷きます。

絶対にお勧めしたいのは、ハイランダーのスウェードインフレーターマット。

インナーテントの中に2枚、連結して使用しています。

今まで使ったマットの中で、肌触りが良くサイズも他のマットより少し大きめで、何といってもコスパが最強な、非の打ちどころがないマットだと思います。

 

 

 

テント内での就寝は快適に過ごしたいから、マット類には気を遣いたい(お金も使うけど・・・💦)ですね💕

ここまできて、やっとホットカーペットの登場です(笑)

5人家族の我が家、3畳用のホットカーペットだと、少し小さくて1人だけホットカーペットの恩恵を享受できません。

 

幸い3女さんが超暑がりで基礎体温も高い為、ホットカーペットがなくても、湯たんぽを入れた寝袋で心地良く快眠してくれています(笑)

就寝前に寝袋を出して、先程の石油ストーブで温めた湯たんぽを寝袋に入れ込めば、セット完了となります。

ママ
ママ
ハイランダーのインフレーターマットホットカーペット、それに湯たんぽがあれば最強です(笑)

3.湯たんぽ

 

冬キャンプにホットカーペットを使用する我が家は、敢えてスノーピークの3シーズン用の寝袋をチョイス。

足元が冷えて眠れなくなることを想定して、湯たんぽを持って行きます。

ママ
ママ
夕方頃に温めたステンレス製の湯たんぽは、真冬のキャンプでも朝まで暖かいんです💕

すっかり湯たんぽの虜になった我が家の3人娘たち、今では家でも毎晩使っています(笑)

 

湯たんぽのカバーは付属されていますが、我が家は自分たちの好きな布を使って制作してみました。

2.5Lと3.5Lの展開があるマルカの湯たんぽ。

  • 2.5Lのサイズ 約29.5cm×21.6cm×高さ7.4cm
  • 3.5Lのサイズ 約32.7cm×23.8cm×高さ8.5cm

 

どちらにするか迷いましたが、5つ購入するとかなりの体積になると考え、小さい方の2.5Lを、とりあえず3つ購入。

十分な温かさを保持してくれるので、結局、5人全員分の湯たんぽは必要なく、今でも3つのままです(笑)

2.5Lでも、朝まで十分過ぎるくらい、温かいので満足しています💕

寝る前にストーブで湯たんぽを一つづつ火にかけて・・・
(※必ず蓋を取って火にかけましょう!)

底が平らなので、ストーブに置いても安定感があります。

IHヒーターでも対応しているみたいです。

画像出典:マルカ株式会社公式HP~

 

温まったら湯たんぽを、寝袋の中に入れて・・・

ママ
ママ
寝袋に入った瞬間から幸せ~💕

湯たんぽの熱さはお好みですが、低温火傷を防ぐためも必ずカバーを付けましょう!

・低温火傷を防ぐためにも、必ずカバーが必要です。

・お水を入れ過ぎて火にかけると、沸騰したお湯が吹きこぼれますので注意が必要。

蓋を締めた状態で火にかけると爆発します(笑)必ず蓋を取って火にかけましょう!(※本当に爆発するので、実際には笑えません)

・蓋を閉める時はしっかりと閉まっていることを確認してから寝袋に入れましょう!しっかり寝袋に入れると、翌朝の寝袋の中がベチャベチャになりますよ~(笑)モチロン経験済!

電気式毛布と湯たんぽがあれば、3シーズン用の寝袋でも十分快適に過ごせます。

温めた湯たんぽを取り扱う時は、火傷に注意しましょうね(笑)

4.寝袋

車のラゲッジスペースで嵩張る寝袋。

特に化繊品で封筒型の寝袋は、寝袋の中でも一番嵩高い、場所を取るタイプ・・・

我が家は、永い間安心して使えるモノがいいと、永久保証付きのスノーピークエントリーパックSSを購入しました。

この寝袋、スノーピーク製でもちろんモノがいいんですが、何より特筆すべきは収納時にコンパクトな『クッション』になるんです!

車移動時の寝袋クッション

シートに寝袋クッションを置く写真

くつろげるチェア&寝袋クッション

移動時、後部座席のクッションとして使用するので、車載には困らず、サイトでも寝る時以外はクッションとして使えるので超便利&快適💕

スノーピークエントリーパックSSは、3シーズン(春・夏・秋)用です。

快適温度が13℃下限温度が5℃設定のスノーピークの寝袋。

ホットカーペットがないと、秋キャンプの朝晩でもちょっと寒いかも・・・

でも、ホットカーペットと湯たんぽとの合わせ技で、我が家は、真冬でも十分暖かく過ごしています。(※電源が必須条件!)

 

2枚セットで購入すると少しお安くなります💕

また、クッションや座布団として使えるので、防災用として購入される方も少なくないようです。

万が一の際に持ち出すと、避難所での昼間はクッションや座布団として、夜は寝袋して使えます。

ご利用者様

キャンプ歴:
5年以上~10年未満
年間キャンプ数:
5回以上
利用人数:
3~5人
利用シーン:
デイキャンプ, ソロキャンプ, グループキャンプ, ツーリング

2019-09-26

クッションとして、緊急時の寝袋として

本来の使い方からは外れてしまうが、災害時や緊急時の車中泊用として購入しました。普段はクッションの形になるのでミニバンの後部座席に積んでおいても邪魔にならず、非常に重宝しております。

参考出典:スノーピーク公式HP~

同じく、

ご利用者様
購入確認済

キャンプ歴:
1年以上~3年未満
年間キャンプ数:
3回
利用人数:
2人
利用シーン:
デイキャンプ, BBQ, ソロキャンプ, グループキャンプ, ペットと共に

2019-08-06

大変気に入ってます

最も気に入っているところはクッション状にしてリビングのソファーに置いておけるところです。寝具を他の道具類と一緒に物置や押入れに入れるのは湿気やカビが気になりとても抵抗があるところ、リビングに転がしていてもしっくりくるデザインと品質なのはありがたいですね。キャンプやスポーツ用品はどうもリビングに馴染まない原色モノが多いので、ホームユースに耐えるこちらのツールや家具は大好きです。

参考出典:スノーピーク公式HP~

5.屋外用延長コード

意外と忘れがちな屋外用防雨延長コード。

我が家の冬キャンプは、ホットカーペットに頼り切っているので、必然的に電気が必要となります。

パパ
パパ
キャンプ場で電源付きサイトの場合、延長コードは必須となります。

キャンプ場によっては延長コードがレンタル可能の場合もありますが、冬に限らず、オールシーズン活躍する延長コードは是非とも用意しておきたいアイテムです。

我が家は、以前まで家の外構用で使用していた屋外用の防雨延長コードを使用しています。

 

お洒落キャンパーさんがよく使用しているのは、こんな延長コードが欲しいけど・・・

 

 

パパ
パパ
5mだとちょっと心許ないかな。。。

以前、屋内用の延長コードを使用しましたが、夜中に突然雨が降り出して大慌て・・・!!

万が一、雨でブレーカーが落ちたりしたら、キャンプ場によっては、我がテントサイトだけではなく、周辺サイトの電源まで、ブレーカーが落ちる可能性があります。。。💦

近所のホームセンターでも1,500円ぐらいで売っている屋外用の防雨延長コードなので、是非、最低でも10mの延長コードは用意しておきたいですね。

電化製品を複数お使いになる場合、分配コードもあるので安心です。

 

買って良かったと思える冬キャンプ道具 まとめ

石油ストーブや厚手のアウター、それに電気式毛布など夏に比べ荷物が多くなる冬キャンプは、できるだけコンパクトで積載効率が良く、且つ機能的な道具を揃えたいものですね。

  • コンパクトでテント内で場所を選ばない♪石油ストーブ

 

  • 真冬でもポッカポカ♪ これさえあれば超快適なホットカーペット or 電気式毛布

 

  • 朝までポッカポカ♪マルカの湯たんぽ

 

  • クッションにもなるので、家でも使える♪防災も兼ねたスノーピークの寝袋♪♪

 

  • あると便利なコンセントの屋外用延長ケーブル

車への積載方法や設営時のチョットしたアイデア・工夫は、色んな先輩キャンパーさんがブログで教えてくれたり、そのブログからヒントを得て自分なりの工夫をすることができます。

このブログも誰かのお役に立てたら、それはとっても嬉しいことですね(笑)

ママ
ママ
今日も、最後までお読みいただき本当に(人”▽`)ありがとう☆ございました!