生活

【レジ袋有料化対策】キャンプ用大型トートバッグ4選!!有料になったレジ袋の代替にはキャンプ用トートバッグが超お勧め!永く使うために我が家が選んだトートバッグはコレ!!

ママ
ママ
皆さんこんにちは!!

いよいよ2020年7月1日から『レジ袋有料化』がスタートしましたね!

週末に近くのショッピングモールに行くと、商品を袋に入れず、テープを貼ってもらった状態で持ち帰る人の姿がチラホラと・・・(笑)

ママ
ママ
レジ袋にお金を出すのは勿体ないけど・・・💦

食用旺盛な5人家族の我が家が、食料品を週イチの買出しで買い物をすると・・・

いつもレジ袋6~7袋分程度も買い込むことになります・・・(苦笑)

ママ
ママ
週イチの買出しなので、まとめて爆買いする我が家にとって、レジ袋の有料化は痛い・・・💦
ママ
ママ
何か対策を考えねば・・・・・

そこで思いついたのが、キャンプ用の大型トートバッグ。

キャンプに行く時荷物を入れる大型のトートバッグは、重い荷物を入れて持ち運ぶことが前提なので、それなりに強度があります。

各社から販売されているトートバッグの中から、サイズが大きくて安価な4社のトートバッグを誌上レビュー&使い易そうなアソビトのトートバッグを購入レビューします♪




レジ袋有料化対策!買い物に便利な大型トートバッグ4選

キャプテンスタッグ ビッグバッグ M-1681
アルパインデザイン キャリートートバッグM
asobito アソビト ab-008CM テーブルトートバッグ Lサイズ 防水帆布
スノーピーク snow peak UG-071R トートバッグ M

キャプテンスタッグ ビッグバッグ  M-1681

メーカー名 CAPTAIN STAG
(キャプテンスタッグ)
商品名 ビッグバッグ M-1681
サイズ (約)幅60×奥行25×高さ50cm
重量 (約)620g
容量 (約)75ℓ
材質 ポリエステル 600D
価格 ¥1,064 (税込)

※2020年7月5日時点のAmazon価格

備考 他にLサイズあり

もともとMサイズをキャンプ用で持っていた我が家。

コールマンの椅子を3脚、持ち運びしていました。

 

レジ袋が有料化するにあたり、まずはこのMサイズでどの程度のサイズの袋が必要になるのかを確認しました。

当然その時の買い物量は日によって多少の誤差がありますが、こんな感じに♪

レジ袋7袋分の買い物が・・・
余裕で入ります♪

かなりの買い物量でも余裕で入ります(笑)

おおよそ1,000円強と安いので、迷いなく購入できますね(笑)

容量は大満足なんですが、我が家みたいに大量買いすると中身が重くなり、袋の強度が少し頼りなく感じます・・・・

ママ
ママ
取っ手が取れそう・・・💦

入れ過ぎには注意が必要・・・

レジ袋を1枚づつ広げ、何袋も詰め込んで持ち帰るより、このような大型のトートバッグ1つに詰め込んだ方がかなり効率的だと感じます♪

これまでレジ袋に頼ってきましたが、もっと早くトートバッグに切り替えておけばよかったと思いました♪

アルパインデザイン  キャリートートバッグM

メーカー名 Alpine DESIGN
(アルパインデザイン)
商品名 キャリートートバッグM
素材 ポリエステル
サイズ 使用時
(約)巾60×奥行25×高50cm
容量 (約)75L
重量 約540g
価格 ¥1,967 (税込)
別途配送料 ¥650

※2020年7月5日現在
のAmazon価格

備考 他にS・Lサイズあり

キャプテンスタッグ ビッグバッグ M-1681とほとんど同じサイズ感のアルパインデザイン  キャリートートバッグM。

キャプテンスタッグ ビッグバッグ M-1681との大きな違いは、開口部のバックルが2ヶ所付いている点

特に容量が多い我が家の買い出しには、この開口部のバックルが2つ付いているのが使い易そう♪

キャプテンスタッグ ビッグバッグ M-1681よりも材質がしっかりしている感じがあり、個人的には使い易そうに感じます♪

レジ袋を1枚づつ広げ、何袋も詰め込んで持ち帰るより、このような大型のトートバッグ1つに詰め込んだ方がかなり効率的だと感じます♪

 

 

asobito(アソビト) テーブルトートバッグ L

メーカー名 asobito
(アソビト)
商品名 テーブルトート バッグ L
素材 9号綿帆布
サイズ 使用時
(約)巾60×奥行20×高38cm
容量 (約)60L
重量 (約)720g
価格 ¥5,500 (税込)

※2020年7月5日現在
のAmazon価格

備考 ※注意事項※
アウトドアでの使用を目的として作られているため、白い衣類などには色移りする可能性がございます。

今回のレジ袋対策として、我が家が期待して購入したキャンプ用トートバッグ、asobito(アソビト) テーブルトートバッグ L。

ママ
ママ
かなり頑丈な生地で大満足しています(笑)

我が家が週末に買い込む大量な買い物量にも、安心して使える頑丈な作りです♪

取っ手が取れそうな感じは全くありません(笑)

ママ
ママ
横マチ(奥行)の『20cm』は狭いかな??

と、チョット心配していましたが、買い物で大量買いする我が家でも、意外と良いサイズ感でした♪

しかも、キャンプで使うコールマンのツーバーナー413Hとピッタリサイズなので、普段はレジ袋として、週末はツーバーナーケースとして使用しています♪

コールマン 413Hパワーハウス(R)ツーバーナーがピッタリ入るサイズ感♪

 

ママ
ママ
ツーバーナーと一緒にBBQ用の鉄板も一緒に入るので便利ですよ~♪

 

 

色移りを懸念する口コミがあるので注意が必要です。

購入後2ヶ月経過した我が家ですが、色移りしないよう衣類に擦らず使用しているので、今のところは大丈夫です♪

snow peak(スノーピーク) トートバックM UG071R

メーカー名 snow peak
(スノーピーク)
商品名 トートバック M
UG071R
素材 ・6号帆布(パラフィン・PU加工)
・アクリルテープ(中芯 : PP)
・ナイロンメッシュ
・金具
サイズ 使用時
(約)巾63×奥行22×高45cm
容量 (約)70L
重量 約820g
価格 ¥8,140 (税込)

※2020年7月5日現在
のAmazon価格

備考 他にS・Lサイズあり

今回ご紹介するトートバッグの中では一番高価なsnow peak(スノーピーク) トートバックM UG071R。

サイズ感がasobito(アソビト) テーブルトートバッグ Lと殆ど同じサイズ感のトートバッグです。

スノーピーク製品はどの製品もしっかりと作り込まれた製品なので、恐らく問題なく使えると思います。

 

我が家は同じ材質のポールケースを持っていますが、肌触りが良く、とっても頑丈で使い易いですよ♪

ママ
ママ
スーパーでsnow peak(スノーピーク)のトートバックを颯爽と取り出して袋詰めしていたら、とても素敵ですよね~♪♪

まとめ

レジ袋の有料化に伴い、これから永い付き合いになると予想されるお買い物袋トートバッグ。

大容量が必須条件な我が家にとって買い易い価格設定と、買い物袋としての最低限の強度をもった大型トートバッグ、アルパインデザイン  キャリートートバッグM。

もちろん買い物量は各家庭それぞれなので、今回ご紹介した他のトートバッグはどれも使い易いと思います♪

ママ
ママ
今日も最後までお読みいただき本当に(人”▽`)ありがとう☆ございました!!