キャンプ

【キャンプ×コーヒードリッパー】ギミック感溢れるコーヒードリッパーに一目惚れ!!オシャレで可愛いKIKKERLAND(キッカーランド)のコーヒードリッパー!!

ママ
ママ
皆さん、こんにちは!

突然ですが、皆さんがキャンプでお使いになっているコーヒードリッパーって、どんなやつですか??

素敵なやつ?
それとも王道??
それともこんなやつ??

キャンプ場でコーヒーを飲むと、どんなコーヒーでも美味しく感じていた私、今まではこんなやつを使っていました。

シリコン製で折り畳め、携帯性が良さげ。

でもって、500円とワンコインだったのでインターネットで購入。

ワンコインと言えば、類似品が更にお安く100均でも売っています(買ってから気付きましたが・・・(笑))。

ところがこの商品、ある問題点が・・・・

先日、今年初となるキャンプ、毎年恒例の赤穂海浜公園オートキャンプ場で牡蠣キャンプを楽しんだ時のコト・・・

冬キャンプではお座敷スタイルが多い我が家、ホットカーペットを敷いたテーブルの上で早朝からコーヒーを愉しもうとしていいると・・・

パパ
パパ
ギャー・・・・!!

朝の5時からゴソゴソ起きだして、コーヒーを淹れていたらしいパパさんの悲壮な声に起こされリビングを覗くと・・・

ママ
ママ
ウゲェ・・・!!?

淹れる前のコーヒー豆の粉を誤って落としたのかと思いきや、何と、淹れたコーヒーをカーペットに・・・!?

ママ
ママ
何でこんなことになるの・・・!?

寝起きの目で、よーく見てみると・・・

なんと、シリコーンゴムでできた折り畳み製のコーヒードリッパーが、お湯の重さに耐えられず、注いでいる最中、急に倒れたんですって・・!!

リビングがコーヒーだらけ・・・(笑)

朝からギャーギャー騒ぐパパさんもどうかと思うけど、騒ぐ気持ちもちょっと分かる気がする・・・(笑)

そこで今回は、二度とこんな騒ぎにならないようにコーヒーがドリップできる、コーヒードリッパーを物色することにしたんですが、かなり難航・・・💦

ママ
ママ
あれも素敵だし、これは使い易そう・・・♪

でも、そんな時にたまたまテレビで紹介されていた素敵なコーヒードリッパーの映像が・・・!

ママ
ママ
これ可愛い!!

ペッチャンコに収納出来るので携帯性に優れ、見た目もかなりオシャレ。

畳んでいると、とてもコーヒードリッパーには見えません。

長女
長女
このコーヒードリッパーが欲しい💕
ママ
ママ
いや、貴方はコーヒー飲まないし・・・(笑)

女子の心(=私の心)をしっかりとホールドしたKIKKERLAND(キッカーランド)というブランドのブラスコラプシブルコーヒードリッパー(長っ・・・)を即買いしたのでレビューしちゃいます!!




KIKKERLAND(キッカーランド)とは?

ニューヨークを中心にオシャレな生活グッズを企画・販売・発信する雑貨ショップのKIKKERLAND(キッカーランド)は実はオランダ生まれ。

詳しく紹介しているサイトがあったので、参照してくださいね♪

初めてニューヨークに行く貴方に『NEW YORK POINT GUIDE』~

買っても勿体なくて使えない!世界のトップデザイナー達が手掛ける雑貨店Kikkerland

こんな商品

こんな商品なんかも、KIKKERLAND(キッカーランド)。

ママ
ママ
キャンプにどうよ??

ちなみにこのとても言いにくい『ブラスコラプシブル』とは、英語で直訳すると、ブラス(真鍮製)のコラプシブル(折りたためる容器)だそうです。

KIKKERLAND(キッカーランド)のコーヒードリッパーでコーヒーを淹れてみた!

オシャレ~な箱で届きます。

箱を開けると、ギミック感溢れる形に心が躍ります♪

とってもコンパクトなので、キャンプに持って行くには丁度いい感じのサイズ感♪

きゅっ!と、立ち上げるだけなんですが、下の写真のように立ち上げ過ぎると・・・

意味不明な形状になります(笑)

少し立ち上がりを戻してみると、ちゃんとした三角錐っぽいドリッパーの形状になりました。

スタンダードな三角形のコーヒーフィルターは使用不可と口コミに書き込みがありましたが、立ち上げ具合を調整すれば、少し形状が不安定ですが問題なく使えました(笑)

寒い冬キャンプでの使用だったので、ポットは家で使っているクイッジナートの全自動コーヒーメーカーのポットを持参。

ハンドドリップでお湯を落としていきます。

材質が真鍮製で、とてもしっかりしています♪

三角錐ドリッパーのように、底に穴が空いているわけではなく、底面全体からドリップされますので、結構早いドリップとなります。

ママ
ママ
ゆっくりドリップする、濃い目のコーヒーがお好きな方には不向きかも・・・?!

コーヒーは焙煎具合や挽き方、水の温度などによって味が変わるそうですが、抽出速度によってもお味が変わるそうです。

家飲みコーヒーについてとても熱く書かれているブログがあったので、そこから抜粋してみました。

早い速度で抽出すると、
酸味や甘味などの成分が抽出されやすく、
遅い速度で抽出すると、
苦味やコクなどの成分が抽出されやすくなります。

極端な話、
挽き方を粗くして早く注げば
酸味中心の軽いコーヒーになり、
挽き方を細かくして、ゆっくり注ぐと
苦味の強い濃厚なコーヒーになる、
ということです。

参考~簡単!美味しい!本格的!家飲みコーヒーアドバイザー”キリマン”が教える、自宅で美味いコーヒーの”い・ろ・は”

 

キリマンさんのブログを見ていると、かなり奥が深そうなコーヒーのハンドドリップ。

美味しいコーヒーをキャンプ場で飲むには、お湯の温度を80℃前後に調整するためのドリップポットや、プラスチック製なので割れにくい、コールマンのこんなコーヒーポットが欲しくなりました(笑)

こんなやつを検討中で~す♪

 

KIKKERLAND(キッカーランド) まとめ

とってもコンパクトでお洒落なコーヒードリッパー、KIKKERLAND(キッカーランド)。

きゅっ!

と立ち上げると、それだけで美味しいコーヒーが飲める気がします。

 

肌寒い朝に、お気に入りの道具で入れるコーヒーの味を知ってしまった朝となりました♪

 

ママ
ママ
今日お最後までお読みいただき、本当に(人”▽`)ありがとう☆ございました!