キャンプ

【キャンプ道具】これさえあればキャンプが嫌いにならない?お勧め小道具5選!!

ママ
ママ
皆さん、こんにちは💕

今日もご訪問ありがとうございます。

先日、滋賀県のグリーンパーク山東というキャンプ場に、ホタル観賞も併せてグループキャンプに行ってきました♪

その、ご一緒させていただいた友人ファミリー、なんと今回が正真正銘『初キャンプ』💕

寝袋以外、何も持っていないので、キャンプ場でテントをレンタルさせていただくことに。

ママ
ママ
その他の道具は、我が家の道具を共用で使ってもらって過ごしました♪

こんなレンタルサイトもありますよ~💕


そんなキャンプを計画中にフッと思いついた記事内容。題して・・・・




初キャンプには持参してほしい!あると便利なキャンプ道具5選!

なぜ、こんなタイトルになったかというと・・・

ご一緒したファミリー、これまで旦那様がズ~~~っと、キャンプに行きたかったそうなんですが、奥様(我が友人)がキャンプのことが苦手。(しかも行かず嫌い(笑))

理由は簡単。

友人ママ
友人ママ
だってわざわざお外で寝たり、虫がいるお外でご飯食べたり、暗いところで過ごさなくても、いいんじゃない?

とのこと😫

それならば!!

ママ
ママ
我が家と一緒に実際にキャンプに行ってみて、実際に体験してみて、それから判断してもらおう!!

というコンセプトで行くことになった今回のグルキャン。

ママ
ママ
キャンプを好きになってもらいたい!!(そしてこれからも一緒にキャンプに行きたい!)

自分たちの初キャンプを思い出すと・・・

あった、あった!!

今から思えば、あったのと無かったのとでは大違いだったキャンプ道具達が!!

キャンプ道具といえばテントやガスバーナー、食器に調理器具・・・(テント泊なら当然必要ですよね・・・)

でも、今回は我が家の体験をもとに、初心者キャンパーさんに是非お勧めしたい、あったら便利なキャンプ道具をご紹介します!

1.絶対外せないテッパン道具!!テント内のクッション敷物

これは絶対に絶対に用意しましましょう!!(しかも折りたたみタイプがお勧め!!

これは、初心者キャンパーさんが見落としがちな道具です。

ママ
ママ
当然我が家も用意していませんでした・・・

キャンプ場でテントを設営する場所は、基本的に野外です。

なので、色んな地面に設営することになります。

キャンプ場によって様々ですが、『芝生』や『土』、河原に多いのが『砂利』や最悪の場合は『岩場』などです。

そんな地面に、ペラペラ生地のテントを設営して寝袋で寝ると、どうなるでしょう・・・

ママ
ママ
翌朝は体がパキパキです(笑)

というより、砂利や岩場の場合は、間違いなく寝ることが困難です

我が家のキャンプデビューは滋賀県朽木村にある『桑野橋野営場?キャンプ場?』でした。

このキャンプ場は場所によっては『岩場』が多いキャンプ場でした。

場所が良ければ『土』サイトですが、それでも、どこに設営してもかなり石がゴロゴロして凸凹してます。

なので、テント内に敷くマットが無かった我が家はというと・・・

痛くて寝れませんでした・・・

3女
3女
でも、銀マットを持って行ったら大丈夫だったよ!!
ママ
ママ
アルミが貼ってある銀マットは、クッション性だけではなく、地面からの熱や冷気を遮断してくれる役割もありますよ!

銀マットは折りたたみ式を購入する方が◎!車載時には一番後ろにペッタリと貼り付けるように配置すれば、荷物でリヤガラスやドアの内貼りを傷つけることがありませんよ~💕丸めた棒状の銀マットは丸くなるクセが付いていて使い難く、車載時の収納性が悪かった記憶があります)

キャンプ場でテントをレンタルすると純正テントマットが付いていることがあります!

先日行ったグリーンパーク山東はアメドMの純正マットが付いていましたよ~💕

銀マットは近所のホームセンターであれば1,500円前後で売っていますよ!

ママ
ママ
テントのサイズをしっかり確認してから購入してね!我が家は銀マットを2枚使っていますよ~!!
3女
3女
できるだけ極厚なマットをチョイスすることも忘れずに!!

 

2.LEDランタンを最低1つは持参すべし!!

我が家のキャンプデビュー戦。

苦い思い出が一杯・・・

銀マット以外にもう一つ。

そう、闇夜には欠かせない必須アイテム、ランタン。

パパ
パパ
やっぱりキャンプでの明かりはLEDの蛍光色じゃなく、優しい光のランタンでないと雰囲気がでないよな~♪

意気込ん買った、コールマンのホワイトガソリンランタン286A。

パパさんは幼少時代から家族でキャンプでよく行っていたらしく、私はてっきりパパさんは『キャンプの達人』ぐらいの勢いで思い込んでいましたが・・・

ズボラなパパさん、購入後、一度も試し点灯することなくキャンプイン。。。

うっすらと暗くなり始めた為、パパさんが颯爽とランタンを取り出し・・・

ゴソゴソ・・・

ゴソゴソゴソゴソ・・・

パパ
パパ
なんでだろう・・・??点灯しない・・・

このランタンしか持ってきていないので、我が家のサイトだけ真っ暗・・・

そして手元さえ見えなくなるほど夕闇に包まれる中、焦るパパさん・・・

・・・・そんな時!!

隣りのサイトで、見るに見かねたベテランキャンパーさんが声をかけてくださり、

ベテランキャンパーさん
ベテランキャンパーさん
こうしたらいいと思いますよ~♪

 

と、パパさんに軽~く、そしてさりげな~くレクチャーしてくれ、いとも簡単に点火!!

パパさんもこの時ばかりは、感謝感激雨あられ!!

この時だけは、心を入れ替えたようです(笑)

あの時も何度もお礼を言いましたが、この場をお借りして改めて声を大にして言いたい!

ママ
ママ
本当に(人”▽`)ありがとうございました💕実はあの出来事が、当初行くのが嫌だったキャンプに、ハマったきっかけでもあるんです💕

で、当時反省していたパパさんはというと・・・

コールマンのツーバーナーで同じ(ような)ことを繰り返すんですけどね💕(本人曰く、この時は事前練習をして、上手に点火出来たらしいですが・・・)

でも、今でもキャンプデビューした時の記憶が忘れられません!!(顔は忘れたけど、ベテランキャンパーさんの紳士的な対応は、今でも忘れられません💕)

これからキャンプを始めようとする皆さん!!

ママ
ママ
必ず自信をもって使えるランタンを最低1つは持っていきましょうね!!

最近は暖色LEDランタンも出ていて、テント内の雰囲気がとっても◎!!

我が家も最近、購入しちゃいました💕(ボタンをポチっと押すだけ!キャンプ意外の災害用として、直ぐに取り出せる場所に置いています!)

 

3.自作の虫よけスプレー アブ・ブヨ(ブト)さようなら!

キャンプは屋外で楽しみますが、特に女性やお子様がいるファミリーに多いのが・・・

『虫』が嫌!

確かに虫は沢山いてます。

蚊はモチロン、アブやブヨ(ブト)など、刺されたら後が痒くて大変な虫も・・・

ママ
ママ
我が家では、不思議なことに何故か、パパさんだけが虫に刺されます(笑)

題して、『パパ蚊取り』、いや、『除虫パパ』かな?(笑)

我が家のことは別として・・・・

皆さんに是非試してもらいたい、虫よけスプレーの作り方!!

ハッカ油 2~3滴だけでOK。近所のドラッグストアかネットで購入可能。
消毒用エタノール 少々(10ml程度)。これもドラッグストアかネットで購入可能。
水道水でOK。40ml程度。あくまでも目安。
スプレーボトル 100mlぐらいあれば十分。100均(セリア)で購入。

 

セリアで購入したスプレーボトル💕

キャンプに行く頻度にもよりますが、春~秋口にかけてのキャンプ出撃で使用しても、一度購入したら、2年以上は使えますよ~(^^♪

4.クーラーボックス 臭い移りさせないお肉類の収納法!

クーラーボックスって帰ってから洗うのが結構大変なんです・・・・!!

我が家は以前、ペットボトルもお野菜も、お肉もゴチャ混ぜで直接入れていました(笑)

キャンプ場でお茶を飲もうとペットボトルを取り出すと、漏れ出た生の肉汁がベットリ付いていて・・・・(チョット盛り過ぎか・・・?!)

ギャー!!

ママ
ママ
そんなことにならないように、クーラーボックスを買い替えた時に、ちょっとした工夫をすることにしました!

そうです!!

ママ
ママ
クーラーボックスの中にアルミ製の折りたたみクーラーバッグを入れただけ!!

このアルミ製クーラーバッグにお肉類を入れておくと、肉汁が他の食材に付くこともなく、お肉を使い終わったら洗って折りたたみ、そのままクーラーボックスの中に入れたまま持ち帰り!

帰宅後の片付けも、大きいクーラーボックスはサッと洗うだけで済むようになって、臭いもつかずとっても楽チン!!

コールマンのスチールベルトクーラーにはこの保冷バッグ⇓がシンデレラフィット💕

5.真夏以外は持参すべし!朝晩の冷え込み対策用防寒着

春や秋のキャンプ場の朝に、よく見る光景。(晩は暗くて見えないので分かりませんが・・・)

テント前で寒そうに震える奥様と子ども達。

その前で旦那様が一生懸命焚火を燃やそうと必死に火起こし・・・

ママ
ママ
そう、キャンプの朝晩は初心者さんが思う以上に冷える!!

一般的に100m標高が上がると『0.6℃』気温が低くなる!そうです。

詳しく知りたい方はコチラをどうぞ。

どうも一概には高低差だけで、気温が単純に決まるわけではないみたいです。

ワンコ
ワンコ
街は暑いからキャンプ場でも上着は要らない!!

とは言わず、薄手でもいいので防寒用のヤッケを持参しましょう💕

我が家はスーパー雨男のパパさんがいるので、防寒と兼用でコールマンのレインスーツを夫婦でいつも持参しています!

これだとコンパクトで嵩張らず、雨が降っても、雨が降っても雨が降っても・・・・(雨ばっかり・・・)

長女
長女
急に冷え込んでも大丈夫!!
ママ
ママ
レインスーツなので、季節を問わず必需品として分類して用意しておきましょう!

まとめ

いかがでしたか?

今回、正真正銘『初キャンプ』だった友人ファミリーとご一緒して、改めて感じたこと。

友人のパパ
友人のパパ
キャンプに行きたいけど、何をどう用意したらいいか分からない!

そんな時はこのサイトを思い出してみてください。

まとめ

・朝目覚めたら体がバキバで起きられない・・・!を防ぐ、アルミ製レジャー銀マット
・自分のテントだけ真っ暗・・・なーんてことにならないようにLEDライトを持参しよう!
・キャンプから帰ってもまだ足が痒い!から解放される、自作のハッカ油虫よけスプレー
・帰宅後のお片付けが楽チン!臭い移りも防げるクーラーボックスinクーラーバッグ

・急な冷え込みにや雨にも大丈夫!季節を問わずレインスーツを持参しよう!

以上、『初キャンプには持参してほしい!あると便利なキャンプ道具5選!』でした!!

初心者キャンパーさんが素敵なキャンプライフの一歩を踏み出せますように・・・💕

ママ
ママ
今日も最後までお付き合いいただき、ありがとぅございました!!